zazie ai アクセサリー新作情報 * YOGAレッスン情報*ベビーマッサージレッスン情報 * ハンドメイド&子育て&日々のことなど。。
インド・ヨガ修行記 vol.20(final!!)
さあ!いよいよ最終回です!

ここま15日間のYOGA修行を書くのに、
いったい何ヶ月かかってるんでしょう!
どうぞ、笑ってやって下さい・笑




インド14日目。(2009年9月18日)リシュケシュ。晴れ。

帰国の日の前夜ということか、またまた夜中の2:30くらいから
眠れず、YOGAの本を読んだりして朝を迎えました。



5:30頃、着替えて最終パッキングをし、
屋上に行って、深呼吸!

出発の日も素晴らしいお天気!
わー! ガンガーがキラキラ光ってる!



いろいろ面白いエピソードと共に、お部屋のお世話を彼なりに
頑張ってくれたヴィシュヌーンと最後の記念撮影。

写真撮るのに、ピースしてくれるまでになったのは、
最初じゃ考えられないかも!
さよなら!マイペースのシャイボーイ!



7:30から、引き続きRAJのTTCを受けている、
同じアパートに滞在している、インストラクターのお姉さん達の、
チャンティングとアーサナのクラスを眺めながら、
TAXIの到着を待ちます。



インドでYOGAする時に使っていた、
木製の堅い、重いブロックは良い思い出。
日本に買って帰るにはちょっと重いと思ったけど、
買って帰る人もいるみたい。

彼女達は、あと2週間TTCを受けるべく、こちらに滞在します。
私は、一足お先に帰国。
みんな、頑張ってね!いろいろありがとう!!!!



朝食代わりに、フレッシュなパパイヤを頂きました。
私は、日本ではあんまりパパイヤって食べないけど、
美味しいから、探してみようかな。
アーユルヴェーダでは、私の体質にパパイヤはすごく合っているようです。



みんなのブランチを作っている最中のデヴィさん。

今日は、私はもう食べられないのが残念。

優しいご飯をどうもありがとう!!!




9:00すぎに、TAXIがやって来てきました。

みんな、アーサナを中断して見送ってくれました。

RAJ、YUKAKOさん、MAKIEちゃん、KAYOちゃん、TOMOちゃん、
ヴィシュヌーン、デヴィさん、最後まで本当にありがとう!
とても楽しいインド滞在でした!
また日本で会いましょう!
そして、またリシュケシュでも会いたいね!


背の高いドライバーさんに運転してもらって、TAXIは出発。

「Good-by ラム・ジュラー!」とドライバーの彼が言って笑えました。

これから、7時間半、デリーのインディラ・ガンジー空港までドライブです。

途中、一回トイレ休憩をとってもらって、
ほとんど眠ってしまっていた私。
車酔いしたくないからね。




ランチのレストランを探す頃、ドライバーさんが、

「ハイクラスとノーマルどちらのランチがいい?」

と聞いてきたので、即座に

「ノーマル!」

と答えました。
だって、最後くらい面白い方がいい!!!

停まったのは、すごい大衆食堂っぽい、長距離ドライバーの彼の
行きつけらしいレストラン。

厨房から何から、ほとんど野外なのが良い!



これが、ドライバーの彼です!

英語がそんなに得意じゃないって言って、あんまりお喋りじゃなかったけど、
車内でかけてる音楽とかなかなか良くて、
運転も荒くなかったし、居心地は最高でした。



私はミックスベジカレー&ナンの組み合わせを注文。

ホテルのカレーとかとはまた違った感じで、とっても美味しかったです!

レンコンみたいな野菜と、豆とチーズも入っていました。
安いのになんだかすごく美味しい!
こんな感じのベジカレーが日本にもあったらいいのに。

日本のインドカレー屋さんは日本人の舌に合わせて、
頑張っている感じのところが多いから、こんな素朴なカレーは
やっぱりインドじゃないと食べられないかなぁ。



付け合わせにこんなたっぷりのお野菜が付いてきました。

これも、レモンとお塩で美味しい!


ドライバーの彼は、ダール&チャパティー&ライス&チャイを注文。

私が、ダールを興味深そうに眺めていると、少しわけてくれました。
ありがとう!おいしい!
結構スパイシーだけど、この辛さがおいしかったです。


最後に「半分払った方が良い?」と聞かれ、
「いえいえ!私が払います!」とお支払い。

だって、こんなに頼んで、104ルピー!!

日本円で、二人で¥200位なもんです。


いつも、車の移動はトイレばかり気になってしまい、
今回の帰りの道も、野外で用を足す覚悟だったけど、
水をあまり飲まないようにしていたら、空港まで大丈夫でした。


それにしても、インドの車の運転はすごいです!
追い越そうとしている前の車を、さらに追い越して、
対向車をギリギリでかわします。

いったい何重の追い越ししてんの!?

よく事故が起きないな〜と思っていたら、
事故は実際、すごい量起きているそう!
事故が起きちゃうし、みんな運転が乱暴なのね。。

このドライバーさんは運転が上手だったから、
そんなに酔ったりしなかったけど、
前を見てるとドキドキしちゃって、冷や汗ものでした。





17:00 インディラ・ガンジー空港着。

車内で折り鶴を折って、優しかったドライバーさんに
最後にチップと一緒に渡しました。




早めにチェックインも済ませて、空港内のCAFEで
カフェラテを頼んだら、150ルピーもした!

高い!

さっきのレストランの価格を考えたら、空港内はもうインドじゃない!


空港内に入ったら、突然びっくりするくらい日本人がいっぱい!
インドの街中じゃ全然会わなかったのに。

バックパッカーっぽい汚い感じの男の子とか、
それって、絨毯?みたいな大きな布を身体に巻き付けてる女の子とか、
なんでインドに??って感じのキレイめ女子大生集団風とか、
少し風変わりな夫婦とか、ちょっと面白い日本人ばかりで、
面白かったです。


当初20:50発だったのが、22:20にようやく離陸。

この時点で、7時間半のTAXIと、空港で5時間半待ちだったので、
結構ハード。


帰りのエア・インディアは、行きとは違って、
各席に個別モニターはついていたけど、
私の席はリモコンがおかしくて結局使えず。。




ほぼ夜中の夕食は、最後だからと、ベジメニューを選んでみました。
カレーはまあまあかな。


さすがに疲れて、結構眠りました。




3時間半の時差の後、日本時間の朝9:30に成田着。


それにしても、すごいな。。この「YOKOSO JAPAN!」。。

妙に帰国の実感を湧かせてくれる富士山のお出迎え看板に思わず苦笑でした。


本当は、帰国が2日前の予定だったので、
朝も早いし、成田までダンナさんが車で迎えに
来てくれることになっていたんだけど、
旅の期間を延長してしまった為に、この日はダンナさんは朝から
立川でDJのお仕事でした。

そのまま、JRで帰るつもりで帰国したけど、
なんだか変なテンションで妙に元気で、
私もこのまま立川までリムジンバスで向かっちゃう事に!!

こうなったらもう勢いだーい!

帰りは車で帰れるし!

昼12:30頃、リムジンバスは立川に到着。



リシュケシュからデリーの空港まで7時間半、
空港で5時間半待ち、
フライト8時間、
リムジンバス2時間の長い長い旅の末、
私が到着したのは「立川LUMINE」でした。





立川LUMINEの屋上で、「HAWAIIAN」のイベントが催されており、
DJで呼ばれたうちのダンナさんは、イベントの舞台で、
ブラジルのサンバの曲をまわしてました・笑

私のインド旅は、サンバと共に終了です。


YOGAとサンバとHAWAIIAN。


舞台からこちらに向かってきたダンナさんは笑顔で、

「おかえり!なんかスパイス臭いね!」と一言。



「そう? ただいま!!」





インド・ヨガ修行記  完。


長い長い自己満足な修行記を読んで頂き、ありがとうございました。

UPした写真は結局、300枚近くでした。


これは、絶対またリシュケシュに行かなきゃね!







zazie ai のホームページはこちら→

00:11 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(2) / -
インド・ヨガ修行記 vol.19(夕暮れのガンガー)
引き続きインド13日目の午後。
(2009年9月17日)リシュケシュ。晴れ。

今回は、ガンガー沿いを歩いた写真を多めに。。



クリシュナのお寺を後にして、
すぐ横の小道からガンガー横の堤防に出てみます。



大河という感じもないくらい穏やかな河原。

広めの道が整備されていて、お散歩コースになっています。
自転車で走っても気持ち良さそう。

この間の大雨の時は、ここがきっと全部ガンガーに飲み込まれていたから、
上から見た時にあんなに広い河になっていたんだろうなぁ。



どこの国に旅に行っても、必ずと言っていいほど遭遇しますが、
このインドのしかもリシュケシュの、しかもガンガーを見ながら、
たそがれて、完全に気持ちが入り込んでるこの私に、
インド人の若いオタク風な男の子が、片言の日本語で話しかけてきました。

そう、お決まりの、「友達になりませんか?」

「ちょっと、お話しませんか?」

「ナマエはナンですか?」

「トウキョウから来たんですか?」

うーん。やっぱりインドの田舎にも居たかぁ。。
人は良さそうだけど、はっきり言って面倒くさい人種が。。

「ごめんねー、急いでるからぁーーーーー!!」
と小走りに立ち去ろうとしたけど、

「アイコサ〜〜ン、チョットだけ〜〜〜」

と自転車で追いかけて来る始末。
(うっかり名前を教えてしまった・・・。ふぅ。。)

まあ、とりあえず、放っておこう。。。
と、そのままガンガー沿いを歩きます。





この辺りは、インド人の家族連れが多い印象でした。

近くに住んでいる人なのか、遠くから沐浴に来たのか?

お父さんは上半身裸、お母さんはサリーを来たまま、子供は全裸。
という組み合わせの家族が何組かガンガーの水に入り、沐浴していました。



日がだんだん暮れはじめて、良い時間。良い空の色。




インド人の子供達は本当にかわいいです!
この子も、沐浴に来ていた家族の末っ子らしい子。

ちょこっとだけ、一緒に歩いてみました。

恥ずかしいのか、もじもじずっとおしりを掻いてました・笑

誘拐したいくらいかわいいこの笑顔!!!!



クリシュナのお寺から、北にむかってどんどん歩いて、
ヨガニケタンの下も通過して、ラム・ジュラーの橋の手前の
船着き場まで河原の道はつながっていました。

いいお散歩コース。



夕暮れがとっても綺麗。



空気の色も、日本とは違う感じ。
特に夕方は少し色がくすんで綺麗です。



船着き場の階段になんとなく座って、一人でのんびりしてみました。

外でのんびり座ってみるのも気持ちいい。




私も、リシュケシュに慣れたもんだわ。
着いてすぐの頃は、常に早足で歩いていたのに。

などと考えつつボケーっとしていると、
オレンジ色の服を着たおじさん二人組に声を掛けられました。

あっ!
この間、シヴァナンダ・アシュラムにYOGAのレッスンを受けに行ったとき、
敷地内で迷って、道を教えてくれた(しかも間違ってた・笑)おじさんだ!

もしかしたら、アシュラムの偉い人なのかもしれないけど、
私の事を覚えているのか、優しく話しかけてくれました。

一緒に階段に座りながら、
日本からYOGAの勉強に来て、明日帰るんです。と言うと、
笑顔で、リシュケシュの事をいろいろ教えてくれました。

インド人の人は、みんな話すとすごく優しいです。
私が運が良かったのかもしれないけど、本当に優しい人が多かった。

やっぱり、同じアジア人は一緒にいてホッとする。


結局、30分くらいのんびりおじさん達とおしゃべりして、
真っ暗になる前にアパートに戻りました。




デヴィさんがちょうど夕食の支度をしてくれているところだったので、
明日日本に帰ります。
毎日、おいしいご飯を本当にありがとう!と伝えて、
私が千代紙で作った鶴と多面体をプレゼント。
喜んでくれた!良かった〜!!!


今夜は、私が最後の夜なので、
私の大好きなビンディー・マサラ(オクラのカレー)を
作ってくれました!!!

インドに来て、すっかりハマったビンディー・マサラ。
帰国後に日本で探したけど、まだメニューにあるカレー屋さんが
見つかってません。また食べたいな。



デザートに、バナナの天ぷらも作ってくれました。
素朴で美味しい!




YUKAKOさんが、リシュケシュで美味しいと評判のケーキ屋さんの
ケーキとスイーツを買ってきてくれました。




スイーツは、不思議な味のものが多くて、
みんなで、美味しいとか苦手とか盛り上がって楽しかった!

結局、私はどれも美味しく感じたので、
どうやらインドグルメもなかなかいけそうです!




私からも、
RAJとヴィシュヌーンに、折り紙のプレゼントを渡しました。
鶴は定番だし、多面体も珍しくて綺麗かなって。

多面体は、7色のチャクラの色で出来ている事を伝えます。
RAJのスタジオは「YOGA CHAKRA」だしね!

英語の通じる、デヴィさんと、RAJは私の手作りだって理解してくれて、
喜んでくれたけど、言葉の通じないヴィシュヌーンは、
私が作ったってわかってくれたかなぁ?
心をこめて作ったんだよ。


みんなに、おやすみを言って、
部屋で荷物の最終パッキング。

明日はいよいよ、長い長いドライブとフライトが待っています。

最後の夜は、晴れやかな気分で眠りにつけそうです。。


いよいよ、最終回へ続く。。。



zazie ai のホームページはこちら→


16:41 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.18(最後のYOGAクラス)
インド13日目。(2009年9月17日)リシュケシュ。晴れ。

昨日の夜、寝る直前に、ヒンズー語らしき言葉をしゃべっている、
知らない男の人達が、私の部屋のドアをドンドンたたいて、
何やら叫んでいました。

知らない人が訪ねて来るわけないし、怖いし、
もうシャワーも浴びて寝るところだったから、
ドアは開けなかったけど、朝になって聞いてみたら、
裏のアパートに滞在しているインド人の人達が、誰かの部屋と間違えて、
私のところに来ちゃったようでした。

あー、怖かった・・・。

今朝も5:45起床。
6:45に部屋を出発して、インド滞在最後のスリンダー先生の
アーサナクラスに向かいます。

やっぱり朝のリシュケシュとガンガーは気持ちいい!
でも、このYOGA通学も今日でおしまいだと思うと、せつない。。



スリンダー先生のYOGAクラスにパラパラと集まって来る生徒さん達。
インド人はほとんど居なくて、外国人が多かったです。



最後にスリンダー先生と一緒に写真を撮ってもらいました!

ショーン・コネリー似だと勝手に思い込み、
すっかりファンになってしまった・笑

スリンダー先生のひたすら優しいアジャストと、励ましのお言葉と、
唄うような澄んだ声のマントラチャンティングが大好きです。

短い期間でしたが、本当にありがとうございました!




帰り道、結局気になって行かなかった、「BABA マッサージ」の看板が気になって、
思わず、写真を撮りました。
BABAがマッサージしてくれるのか???
これだけ気になったんだから、やっぱり行ってみれば良かったかしら・苦笑

私の通学路で、今まで何度も顔を合わせて挨拶した、
YOGA MAT BAGのお店のおじさんや、アクセアリー屋さんのお兄さん達と、
お別れの挨拶をしました。

手を振って、「ナマステー!」
きっとまた来るからね!!!




アパートに帰って、最後のブランチ。

インドの生野菜は、レモン汁と塩で食べるのが、
瑞々しくて美味しかったです。



デヴィさん、デヴィさんの優しいブランチが無かったら、
お昼からこってりしたカレーを外食して、お腹を壊してたかもね。



パイナップルは甘くて美味しかった!
こんなに美味しいなら、到着してすぐに食べたかったな〜。



千代紙で作った、多面体と鶴。

旅行の時は、何かに役に立つし、メッセージを書いたり、
ちょっとしたプレゼントをすぐに作れるから、
私はいつも折り紙を持って行くようにしています。


リシュケシュに来てすぐに、謎の高熱で寝込んだ時、
読書と寝る以外に何もする事が無かったので、
持ってきた千代紙でこっそり作った多面体と鶴。

今夜、デヴィさん、ヴィシュヌーン、RAJにプレゼントする予定。



今日は、ブランチの後、TTを受けているお姉さんたちと、
お気に入りのCAFE「SPA」にお茶をしに行きました。

マサラチャイ。美味しい!

そういえば、インドの物価の感覚として、
インドの「ルピー」の感覚は、日本の「円」の十分の1に等しいと
言われているらしいです。
ここのマサラチャイは、35ルピーだったから、
実際の日本円に置き換えると、¥70くらいだけど、
インド人の感覚で言ったら、¥350くらいってこと?

インドにしては、やっぱりこのCAFEは高めでしょう。


お茶した後、お店をちょっと覗いたりしてから、
一旦、アパートに戻ってみるけど、
ずっと停電で天井のファンが回らず、薄暗いし暑い・・。

という事で、少し本を読んだり、おみやげの最終確認をしてから、
昨日、入れなかったクリシュナのお寺に行ってみる事に。



外も、中も出来たばっかりですごく綺麗なお寺。



真っ白い建物だし、お寺というより、なんだか教会みたい。

すごく綺麗だったけど、中は見るところもそんなに広くなくて、
すぐに見終わってしまい、そのまま横の道を通って、
ガンガーの堤防に出てみる事にしました。



次回に続く・・・。




zazie ai のホームページはこちら→


23:07 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.17(慣れてきたリシュケシュでの生活)
インド12日目。(2009年9月16日)リシュケシュ。晴れから雨。



リシュケシュでの生活にもだいぶ慣れてきて、リズムが出来てきました。

5:45起床。
6:45アパート出発。


今日もガンガーは穏やかに流れています。
数日前の大雨続きの後、ようやく水量が落ち着いてきたみたい。
もう、怖い河には見えなくなりました。



今日も7:30からのスリンダー先生のYOGAクラスへ。
毎日通いだしたら、だいぶ慣れてきて、
優しい体育の先生のところへ通学しているような気分になります。

今日は、私の体調もすごくよくて、
しっかり集中してYOGAに取り組めました。
慣れてきて、ようやく冷静に集中出来るようになったのかも。
最初は気分ばかりが高まって、ジタバタしている感じだったし。




気持ちよく汗を流して10:30頃アパートに帰って、
今日もギリギリでデヴィさんのブランチに間に合いました。
毎日、ギリギリだけど、ちゃんとゴハンに間に合って、ラッキー!


今日はすごく晴れていて、かなり暑いので、
午後も出かけてリシュケシュを見て回りたいけど、
気をつけないと、暑さでやらちゃうかも。。

少し部屋でのんびりしてから、
ゆっくり出かける事にしました。





アパートから南に向かって20分ほど歩いたところに、
クリシュナのお寺があると聞いたので、行ってみる事に。

白くて新しい綺麗なお寺。

中は16:00からじゃないと見られないということで、
また来る事に。

お寺のおじさんが、
「リシュケシュに何しにきたの?」というから、

「ヨガを勉強しにきたんですよ」と言うと、

「ここに、YOGAクラスもあるよ!」と、
お寺の横の事務所に半ば強引に連れて行ってくれたけど、
担当の人に飛び入りは無理だねぇと言われ、断られてしまい、
二人で苦笑い。

インドの人って、優しいけど、たまにこんなことがあって
ホント面白い!
親切なのにちょぴっとドジ・笑


クリシュナのお寺を出て、
ガンガーの西側の大通りをラム・ジュラーから、
ラクシュマン・ジュラーに向かって初めて歩いてみました。

オートリキシャーで通る道だから、徒歩の人はほとんどいないと、
分かっていたけど、試しに。。

でもやっぱり失敗だったかな。

とにかく暑いし、しかもずっと上り坂。。

砂ぼこりがすごくて、空気がとっても悪くて、
タオルを口に当てて何とか歩きました。


ラクシュマン・ジュラーの近くはお土産物のお店がいっぱい!
アクセサリーや、スカーフ、ポーチなどを、
お土産用に買い出し。

値切ったり、いろいろなお店のおじさんやおねえちゃんと話して、
すごく楽しかったです!

シルバーアクセサリー屋さんでアンクレットを買ったけど、
私が、片足分しか買わないのをすごく不思議がっていました。
インドでは、アンクレットは、両足につけるのが普通みたい。

サリーを着ている女性達を見回してみたら、
本当にみんな両足に付けてる!へぇ〜。




今日も、ジャーマン・ベーカリーに入って、
お気に入りのフレッシュ・レモン・ソーダを注文。

やっぱり暑い日にはこれがおいしい!!!

電子辞書で調べ物をしたりしながら、
のんびりした午後のティータイムを過ごしました。

このカフェはいつ来ても、欧米人のお客さんが多くて、
以前にNHKの番組でリシュケシュをやっていた時に、
出ていたカフェはここだとこの日に確信。
やっぱり外国人に人気のお店だったんだ。


空が曇ってきたので、
雨が降らないうちに戻ろうと、カフェを後に。



いつもの橋を渡って、いつもの道を帰ります。


帰る途中、缶のコーラとスプライトを売っているお店を発見!

アパートのみんなにお土産に買いました。
こんなに暑い日だから、冷たいビールの代わりに
飲んで欲しい!

日本じゃ当たり前の事が、当たり前じゃなかったりして、
なんだか小さな事か楽しいです。



夕方、部屋に戻ったら、今日はものすごい暑かったせいで、
尋常じゃないくらいの汗の量に自分でもギョッとしました。

2枚重ねで着ていたTシャツが2枚ともぐっしょり。

これじゃあ、ふらふらするわけだわ〜。




今夜のディナーは、アパートのみんなと、
近くのレストランに外食する事に。

ベジカレーをいろいろな種類頼んで、分けて食べます。




リシュケシュはお肉を食べない街だけど、
野菜のカレーも種類が豊富で味もいろいろで本当に美味しい!



パパイヤラッシーも頼んで飲んでみました。

想像通り、ぬるいし、なんか微妙なのに、
ごくごく飲み干してしまいました。
美味しかったのかも・笑


お腹いっぱいで部屋に戻ります。

だいぶ慣れてきた、リシュケシュの日常。
でも、2日延泊することにしたこのインド生活も、
明日で終わり。
明後日には、日本に向かわなくてはなりません。。

まだ早すぎると思いつつ、
今日のうちに一応、荷物をまとめてパッキングしてみたら、
いつもの旅行に比べて、お買い物の量も全然少ないので、
荷物は意外と少なそうです。

今日も早めに寝よう。。

明日は、最後のスリンダー先生のYOGAクラスです。



次回へ続く。。




zazie ai のホームページはこちら→


17:10 / インド・ヨガ修行記2009 / - / -
インド・ヨガ修行記 vol.16(リシュケシュのマーケット)
引き続き、インド11日目。リシュケシュ。
(2009年9月15日)晴れ。


シヴァナンダ・アシュラムの図書館でくつろいだ、
のんびり素敵な午後を過ごした後、
アパートに戻り、暫し読書をしてディナーを待ちます。

共同キッチンにストックしていた食材が減ってきたようで、
RAJのパートナーのYUKAKOさんとヴィシュヌーンが、
リシュケシュの南にあるマーケットに野菜などの食材を
買い出しに行くというので、今日は夕方のYOGAクラスもないし、
行ってみたい!と付いて行く事に。

アパートの下でオートリキシャーをつかまえ、南へ。

リシュケシュに着いた日に立ち寄ったお香屋さんで、
お気に入りの香りのお香をget!
普段、YOGAをする時、アロマオイルは使うはあっても、
お香は呼吸の邪魔になるような気がして、
あまり好きでなかった私も、
このインドの旅で、お香もすっかり大好きになりました。




リシュケシュ生活の長いYUKAKOさんのオススメのラッシー屋さんに
ちょこっと立ち寄ることに。

おじさん二人がなんとなく立ってて、後ろにちょっと座るスペースと、
巨大な冷蔵庫があるだけのお店。

ふーん。




でてきたラッシーがこちら。



やだ!なにこれ、おいしいい〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!!!




あなどるなかれ、
これが、今までの人生で飲んだラッシーの中で、
ダントツ一番に美味しかったです!

この写真じゃ伝わらないかなぁ。

インドで飲めるとは思えないくらい、キンキンに冷えていて、
程よい甘さと何とも言えない美味しさ!
ヨーグルト感もちょうどいい!

持ち帰り用にパックされているカップも売っていて、
一緒に来られなかったアパートのお友達にお土産に。


日本でお留守番してるうちのダンナさんにも飲ませてあげたかったな〜。

(一人旅を延泊したり、勝手な嫁なくせに、超無責任発言。。)



ここからは、リシュケシュのマーケットで撮影したお写真をどうぞ。

不思議な野菜や果物が多くて、厳選してもこの枚数です。




地元の人達で賑わう通路。




皮付きのお豆。サイズは大きい!
キャベツはちょと小ぶり。




お兄さんが売ってる、なんだろ?これ?
たぶんウリ系の野菜達。

わくわくするほどたくさん山積みになってます。




売り子さんの女の子。
こんな素敵な色のサリーを着てテキパキお仕事していました。
市場でのお仕事中もオシャレを忘れない!

笑顔がステキ〜!!!!




フリーツの山。
リンゴはわかるけど、他のはなにかしら?




こんなに狭い通路なのに、自転車もバイクも通ります。

布やお洋服も売ってました。




綺麗に並べられたフルーツ。
美味しそうなパパイヤとパイナップルを買いました!!

道ばたでカットされて売っているフルーツは絶対食べちゃダメだけど、
(絶対お腹壊す)
ちゃんとしたお店で売っている新鮮なフルーツは、
瑞々しくて本当に美味しいです!




大きなフルーツ達。
日本ではこんな光景見られませんね〜。

なんだか、オブジェみたいでステキ。。




巨大なおナスと、巨大な皮付きのお豆。
そのかわり、大根はすごく小さくて、日本の人参みたいなサイズ。
オクラもすごく巨大。

日本とは、同じ野菜でも、サイズが全然違って面白い!

小さい物が大きくて、大きい物が小さいみたい!




リシュケシュのマーケットは、夕方行ったのに、
新鮮な野菜や果物が山盛り売られてて、
感動しました!

どこの国に行っても、(沖縄でも!)市場やマーケットが大好きな私には、
思いっきりツボな場所で、
いつまででも見ていられそうでした。
ずっと観察していたい!


ヴィシュヌーンが、一人じゃ持ちきれないくらいいっぱいの食材を
持ってくれて、再びオートリキシャーでアパートに戻ります。


買ってきたばかりの野菜を使った、デヴィさんのディナーが出来るまで、
電波が入らなくなってしまった携帯をいじくりまわしてみたら、
電波の中継会社の設定を変更することで、何とか解決!

こういう面倒な設定をオートでやってくれるっていうから、
わざわざこの携帯に代えたのに、
結局手動じゃないのさ!!


日本で連絡を待っている、ダンナさんと、実家の両親にも無事に連絡がとれ、
これで、心置きなく延泊できることに。


明日もリシュケシュにいられる!

今日は早く寝て明日また、スリンダー先生のクラスを受けに行こう!


今日も、シャワーをあびたりしていたら、
何度か停電が。
インドは本当に停電が多い!
パソコン作業とかしてたら、大変だろうな〜。



ベットでRAJに教えてもらったマントラを唱える練習をしていたら、
いつの間にか寝てしまいました。



次回へ続く。。。




zazie ai のホームページはこちら→



18:52 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.15(アシュラムの図書館)
インド11日目。リシュケシュ。(2009年9月15日)晴れ。

今日も、明け方早々と目が覚め、5:45起床。

6:45アパートを出発して、今朝もRAJDEEP HOTEL に
スリンダー先生のハタヨガを受けに行きます。

すっかり気に入ってしまったスリンダー先生のクラス。

7:30から、YOGAアーサナスタート。

昨日より、少し人数が少ないせいか、先生のアジャストの時間も減り、
2時間ほどで終了。
昨日と2時間半はやっぱりちょっと長かったからちょうどいい。




スリンダー先生の通学路の途中にある「チョワラ」のカレーレストラン。
結局、入らなかったけど、このチョンマゲキャラがすごく有名らしく、
ガイドブックにも唯一載っていたレストラン。

等身大の「チョワラ人形」の他に、男の人が、全身白塗りをして、
このコスチュームで椅子に座っているパフォーマンスをやっていたけど、
見た目が怖すぎてカメラを向けられませんでした。。苦笑

顔がいつも退屈そうで、笑顔じゃなくて、やらされてる感じが
面白かったけど。

夢に出そう。。



そういえば昨日、「占星術」を見てもらった結果を教えてもらったら、
特に大きな問題はないみたいだったけど、
「月が悪さをするから、これから6ヶ月〜1年の間は、
メンタル面に気をつける事。」って言われたのが気になるー!

占星術は、生まれた場所と時間でみてもらうインドの古い占いです。
普段、占いとか全然興味ない私だけど、インドまで来て、
こんな事言われると気にするなという方が難しい雰囲気。

私の場合、「パール」のネックレスか指輪を身につければ、
良くなるでしょうと言われ、
さっそくYOGAの後に、いつも通っているジュエリー屋さんに
パールのアクセサリーを買いに行く事に。

メディテーションなんかにも使えるように、
パールが108粒繋げられているネックレスのジョイント部分を
シルバーパーツに変えてもらって、さっそく購入しました。

すぐに、お店の目の前のガートに下りて、
ガンガーの水で清めて手首に巻きます。

これで安心かな!
とりあえず、1年間はつけるようにしよう。
メンタル面は、ここ数年で結構いろいろ苦労したから、
もう問題起きたくないもーん。



お買い物しちゃったから、間に合わないかと思ったけど、
ダッシュで帰って、デヴィさんのブランチに間滑り込みセーフ。
美味しくいただきます。

YOGAから戻ると、私のお部屋のドアノブに、
「帰りのフライトを2日間延長出来ました」というメッセージが
結んでありました。


やったー!!!!

良かったーー!!!!


これで2日間だけだけど、予定よりたくさんYOGAができる!

海外保険も無事に期間延長が出来たので、
これで安心して明日もスリンダー先生のYOGAクラスに通えます!

なんだか、安心したらドッと疲れました。。

帰国の事が気になって、夜もよく眠れなかったから。

今日はぐっすり眠れそう。

日本に、帰国日程延長の連絡をしたいんだけど、
携帯が相変わらず繋がらない状況で、仕方なく、
アパートのすぐ下の、Great Ganga Hotelに電話を借りに
行きました。

インドの公衆電話は面白くて、
「S・T・D」と書いてある小さな事務所みたいなのが、
街のあちこちにあります。

これがインドの公衆電話。

電話機があって、お金を入れて喋るとかじゃなくて、
「S・T・D」に行って、テーブルにある電話機で通話した後、
そこにいるおじさんが、
「◯◯ルピーだよ」値段を言ってくれるので、
おじさんにお金を支払うというシステム。

公衆電話は、おじさんの事務所に電話を借りに行くという感じでした。

これが結構面白くて、何だか病みつきに・笑


ホテルの公衆電話も、やっぱり電話係のおじさんの部屋に行って、
電話を借ります。

でも、何度かけても、変なアナウンスみたいなのが流れて、かからず。

「回線が混雑してるから、夕方またおいで。」と言われ、
とりあえず諦める事に。

普通回線も混雑するんだー。インドって不思議。




帰国が延長出来たので、行きたいと思って行っていなかった、
シヴァナンダ・アシュラムの図書館に行く事にしました。

白い綺麗な入り口。



中は、こんなに天井の高い空間。
入り口で靴を脱いで、本棚をぐるりとまわってみます。

YOGAに関する、世界中の本が置いてあります。

それだけ、シヴァナンダ・アシュラムに海外の人がYOGAを勉強に
来ているってことでしょう。

日本語の棚も発見!

何冊か読んでみよう。。
どれもすごく古くてボロボロ。





私のチョイスはこの3冊・笑


やっぱりインドに来てまで置いてあったら読みたくなるでしょう!空中浮揚!
ということで、
  ↓

「空中浮揚」 成瀬雅春・著


沖先生の本に興味あり&この表紙の女性のイラストが気になって・・・
  ↓

・「ヨガの喜び」沖正広・著


未来を考えたら、ヨガ安産も気になるし〜・・・ということではずせない。
  ↓

・「夫婦のヨガ安産」 沖正広・著


シヴァナンダ・アシュラムの図書館では、
本は持ち出し禁止で、一人3冊まで図書館内で読む事が可能でした。

面白かったのは、
本を借りる時に、係の女性に許可を得るんだけど、
借りる人の名前と、本のタイトルをノートに書くのに、
日本語の題を英訳して書くように言われたこと。

「空中浮揚」なんて、なんて言っていいかわからず、
えい!どうにでもなれ!と、「FLY YOGA」と書いた私。。。

そして、真ん中の「ヨガの喜び」は、表紙の上に書いてある
「KAPPA HOMES」で良いと言われ。
(これって、出版社の名前でしょうよ?)

「夫婦のヨガ安産」はやけくそで、「YOGA BABY」。。。



本当にこれでいいんだろうか。。。




でも係の女性は、表紙の成瀬さんがあぐらをかいて
飛び上がっている写真を見て、
笑いながら、うなずいてくれました・笑

なんだかいいかげんだけど、無事に借りられたからいいか。


1時間ほど3冊の本達を読み、
16:00の閉館とともに図書館の外に出て、
アシュラムの宿泊施設のあたりをぶらぶらお散歩。



ガンガーを見下ろせる素敵なスポットもあり。

ガンガーの水の色と空の色が合わさって、
なんだかすごくインドっぽい色みの風景がとっても綺麗。


気持ちもすっきり安心できたので、
のんびりしていて、とても気持ちのいい午後でした。



次回へ続く。。。



zazie ai のホームページはこちら→



22:21 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.14(スリンダー先生のハタヨガ)
年を越してしまいましたが、インド・ヨガ修行記も後半戦。
もう少しだけ、私の体験をお伝えしていきますので、
どうぞお付き合い下さい。。


インド10日目。(2009年9月14日)リシュケシュ。晴れ。

5:30起床。今日も目覚まし時計より早く起きてしまいました。
インドに来て、気分が高ぶっているのと、
帰りのフライトの日程が確定していない事での不安とでしょうか。

でも、目覚めはパッチリ!

今朝は初めて、ハタヨガで有名な「スリンダー先生」の朝のクラスに行くからです。

6:30にアパートを出発します。



この時間はまだ朝日で空が明るくなり始める時間。

山に囲まれたリシュケシュに朝日が届くにはもう少し時間がかかります。

スリンダー先生のYOGAクラスに向かう途中、昨日シヴァのお寺でもらった
白いお菓子をガンガーに流す為に、少しガートに降りました。

少し時間があったので、この旅で唯一身につけてきた、
大切な結婚指輪をガンガーの水で清めることにしました。

ガンガーの水でアクセサリーなどを清めるやり方も教えてもらったので、
さっそくやってみます。

「ガンガーでのお清め」

 1. 清める物を手にもって、「オーム ナマシバーヤ」を3回唱えながら、
   3回水につける。

 2. 水を自分の頭にかける。

 3. 水を手ですくって、少し飲む。
  (残念ながら、私は飲むフリですが・・・) 

 4. 合掌。


よし! 
これで、ガンガーの神様が、守ってくれるはず!

小さなペットボトルを持ってきたので、
ガンガーの水を汲み、記念に持ち帰る事にしました。




ラム・ジュラーの橋を渡り、RAJDEEP HOTEL へ。

こちらのホテルでスリンダー先生のハタヨガクラスが受けられます。

この場所を知ったのは、この辺りでスリンダー先生のヨガクラスが
受けられるらしいという噂を聞き、
数日前に、近くの日用雑貨のお店のお兄ちゃんに聞いてみたところ、
すごく嬉しそうに教えてくれたのでした。

これも、ある意味素晴らしい偶然の重なりで知ったクラス。
なんか、嬉しい。



ホテルの中に入ってみると、一室のドアに、「YOGA HALL」というプレートが。

ここだ!ここだ!

ドキドキ・・・。


ドアを開けてみると、ガラーンと誰も居ない。。


???


ここだよね?時間がちょっと早いからかな?





暫くすると、アジア系の女性がクラスを受けるらしくやってきました。

良かったー。一人じゃなかった。

安堵。


7:30からスリンダー先生のハタヨガに参加します。




じゃーん!

こちらがスリンダー先生!

インド人の、すごく優しいオーラを持った髭もじゃの先生。

勝手に、ショーン・コネリーに似ていると思っていたんだけど、
違います?
目が優しいところが似てる。
そして、私はショーン・コネリーがすごく好き・笑


レッスン中は長い髪を後ろで結んでいて、私はそっちの方が好きなんだけど、
写真を撮らせて下さいと言ったら、下ろしてしまった・苦笑


そしてそして、この先生!
本当にすばらしい先生だったのです!!!

私の好きな、優しい声で誘導するタイプの先生。
マントラを唱える声も、高くて唄うようで、本当にキレイな声。

ポーズのキープ時間が結構長めで、ヨガの考え方や、いろいろな事を、
分かりやすい英語でゆっくり教えてくれるので、
小学校の体育の先生みたいでした。

ポーズをアジャストしてくれた後、
必ず、「good!!」っと親指を立てて笑顔・笑

誰でも褒めちゃう。下手でも褒めちゃう。

優しすぎる気もするけど、私はすぐに大好きになりました。

やる気を出させるのが上手な気がする。
きっと私が褒めて伸びるタイプだからかも?

シヴァナンダの怖かった女の先生とは正反対。
(個人的な感想です!ごめんなさい!)

結局、生徒さんの数も多くて、スタジオはびっしり人で埋まりました。

すべての生徒さんのアジャストを行うので、
クラスも2時間半とかなり長かったです。

10:00終了。

思ったより遅くなっちゃったので、デヴィさんのブランチに間に合うか、
ペコペコのお腹を抱えて走って帰りました。



アパート近くのオート・リキシャー・スタンド。
この前って、なんか薄暗くて、いつも小走りしていた気がする・笑




なんとかギリギリセーフで間に合ったー!

良かった〜。
優しいお味のブランチに慣れちゃったから朝から外食できないよー。




ブランチの後、TTCを受けている同じアパートの女の子達と、
ガンガーの見えるキレイCAFE「SPA」へ。



ここは、普通のチャイなんかが飲めるカフェに比べて、
キレイでお値段も高めなので、いつも欧米人の観光客しかいませんでした。

でも、冷たいドリンクをちゃんと冷たいし、
ソファーも気持ちいいので、長居したい時にはとてもいい
リラックススペース。



スイーツも美味しいけど、インド価格に慣れてしまったので、
なんだか値段が高すぎる気がして、食べませんでした。
日本で考えたら、普通のお値段だけどね。


みんなと別れて、今日も一人でリシュケシュ探検に向かいます。

アクセサリーやら、ティーパックのCHAIやら、
お土産もそろそろ買わなくちゃ。

お土産用に買ったアクセサリーも、朝の結婚指輪同様、
ガンガーの水で清めました。
これで、私の好きなみんなが幸せでいられるはず!

お天気も良くて、今日ものんびりラクシュマン・ジュラーへ。



こちらは、ラクシュマン・ジュラーの橋の横にあるお寺。
なんだか、リシュケシュの高層マンションみたいな風貌。

結局、滞在中は中には入らず。



ラクシュマン・ジュラーの橋の上からの眺め。
YOGA クラスの看板がここからもいっぱい見えます。



ラクシュマン・ジュラーの橋はラム・ジュラーの橋より長さが短くて
幅も細かったです。
まわりも賑やかに建物が並んでいて、だいぶ違う雰囲気。



そうだ!

せっかくここまで歩いて来たんだから、「ジャーマン・ベーカリー」で
みんなのおやつに美味しいパンを買って行ってあげよう!

と思って、立ち寄ったのが、こちらの「ジャーマン・ベーカリー」。

CAFE&レストランで、西洋風の菓子パンが売っている数少ないお店。

お客さんもヨガを勉強に来ている欧米人が多い。

値段もわりとお手頃で、眺めもいいし、一人ティータイムに◎。


菓子パンを4個購入して、アパートのみんなに
美味しいパンを食べてもらいたいという、
ウキウキ気分でアパートに戻ります。♪〜



橋を渡るのも慣れたもんだわ〜。



アパートに戻ったら、今日も暑かったから、
汗を絞れるくらいTシャツが湿っていました。

今日もみんなでデヴィさんのディナー。

デザートに、今日私が買った菓子パンをつまみ、
インスタントコーヒーを飲みました。

なつかしい味。


結局、今日も帰りのフライトを延長出来るかの連絡がとれず、
延長できなければ、明日がリシュケシュでYOGAを出来る最後日。。

日本にいる、ダンナさんにも連絡したかったんだけど、
こんなタイミングに限って、携帯が繋がらず。。
メールの送受信も、通話もNG。

ごめんねー。
心配してるかな〜と思いながら、
仕方なく就寝。


次回に続く・・・。




zazie ai のホームページはこちら→


16:27 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.13(ガンガーへの祈り・アラティー)
インド9日目。(2009年9月13日)リシュケシュ。晴れ。

今日は日曜日で、アシュラムもTTCもお休み。



インドに来てから、気分が高まっているのか、明け方から目覚めて、
なんだか毎日、アパートの屋上から日の出を見ています。

帰りのフライトが延期出来るか、月曜日にならないと分からないから、
そんな事も気になって、毎日を充実させたいという気持ちがいっぱい。
だから、早起きなのかな。



屋上から見えるガンガーは、なんだか水面に湯気がもやもや。
気温と水温差があるからこうなるのかな?
すごく神秘的でステキ。



朝日が山から昇る様子を見ると、今日もお天気になりそう!

外では不思議な鳥の声が毎朝聞こえます。
日本では聞かない声。インドの鳥。



今日はお休みなので、のんびり。
朝食前に、ヴィシュヌーンがチャイを部屋に運んでくれました。
今日は、甘さもちょうど良くて美味しいよ!



昨日の深夜、何やらヴィシュヌーンがキッチンで作っていた、
揚げたてが美味しくなかった謎の物を、
食べさせてくれるとジェスチャーで言われ、
もう、昨日食べたからいいのになぁ。。と思いつつ、パクリ。


??・・・??!!!!!!


美味しいーーーーっ!!!!!!


昨日は、味も何も無くて、食感はモソモソしてるし、
喉に詰まるし、無言になる感じの味だったのに、
一晩、新聞紙に包んで寝かしたそれは、
しっとり、ほんのり素朴な甘さで、素敵なスイーツになっていました!

美味しいよ!ヴィシュヌーン!!!
彼は、最高のおやつを作ってくれたのでした。



お!!晴れてきた 晴れてきた!
ガンガーが輝いている!



屋上から見たアパートの敷地。
お天気が最高だと、まさに南国リゾートのよう!



今日の朝食は、味付けが濃くなっていてさらに美味しくなっていました。
やっぱり、最近味が薄いよ!とRAJが言ってくれたみたい。

朝食直前に、クッカーのデヴィさんが、ダール(豆のスープ)の
味みをしてみてよ!と食卓に持ってくてくれたのでした。
なんか、この生活にも、だいぶ慣れてきた感じで嬉しい。



日曜日は、YOGAはお休みなので、
朝食後、今日はみんなでリシュケシュから車で一時間くらい、
ガンガーを上流に行ったところの、
シヴァ神のお寺「ニーラ・カンタ」に行く事に。
「ニーラ」は青い。「カンタ」はのどという意味。青い喉=シヴァ。

深い深い山道を、タクシーに乗って、すごく気持ちよく登ります。
窓を全開にして、気持ちいい〜!
最高の休日。



お寺は、まわりに何も無い、深い山の頂上のようなところにありました。



お寺の中で、いろいろな祈りに使う、お供えセット。



シヴァのお寺は、こんなパステルカラー!
かわいい〜!
厳かな雰囲気というより、POPな雰囲気?


帰りに、紙に包まれた「灰」をもらいました。
お守りとして、ずっと持っていると良いそうです。

また宝物が増えちゃった。

もと来た道を、再び車で戻りました。




車を降りた近くにある不思議な木。
道のど真ん中にあるんだけど、幹がネジネジしています。

いつもこの木の下に誰かが居る。
たまにフェイク・ババもいる・笑



YOGA MAT BAGを買った縫製屋さん。
お洋服から鞄、小物やYOGA MAT BAGまで、奥のミシンでみんなガンガン縫ってる。

このお店は、この後、私が毎朝通うYOGAクラスの、
いわゆる「通学路」にあったので、
毎朝笑顔で手を振る仲になりました。
手前の二の腕にバンドしているおじさん(お兄さん?)は、
かなりのお調子者で、口ばっかりで、ちょっと言い訳がましい喋り方の
面白い人だったけど、今となってはすごく思い出に残っている人。

ひどい言いようしちゃったけど、ネは良いヤツ・笑
またリシュケシュに行ったら、私の事を覚えていてくれてるような
気がするー。

「これからガンガー・アラティーを見に行くの。」と言うと、
「早く行かないと、人がいっぱいでたどり着けないよ!」とせかされ、
急いで向かいます!



ガンガーの白いシヴァ神の像のあるガートで、
毎日、日の沈む18:00から19:00までの一時間行われている、
プージャ(儀式)である、ガンガー・アラティー。

もっと早く見に行くはずだったんだけど、
熱を出して寝込んでしまった私は、タイミングを逃し、
今日ようやく見に行く事が出来ました。

シヴァがライトUPされていて、すごく綺麗!

子供達が黄色い衣装で唄ったり(マントラを唱えてるのかな?)
すごく可愛かったです。

みんな、後頭部の一部だけ、髪の毛をちょこっと伸ばしています。
これも大切な意味があるみたい。



「アラティー」とは、火を使う儀式の事。



聖なる火を使って、ガンガーに祈りを捧げます。



中央で灯された火がどんどん集まった人達の中を廻ります。



この火を、自分の頭上を通してかぶると良いという事で、
私も頭上に通してもらいました。

ガンガーへの祈りが大きな合唱のように、リシュケシュの街中に響きます。

私も、儀式に参加出来た一体感を味わえて、胸がいっぱいになりました。
こんな素敵な儀式を毎日毎日、同じように繰り返しているなんて、すごい!

毎日お祭りがあるような感じ。



儀式の後、
「自分の中の良い事を外に出て行かないように引き止めてくれる」と
言われる、赤い紐を左手首に結んでもらいました。
自然に切れるまで効果が続くと言われるもの。

(帰国して3ヶ月たった今も、色は褪せてかなり細くなってきたけど、
 まだ私の手首についています!)



暗くなってしまったので、急いでアパートに戻り、
なんとか夕食に間に合いました。良かったー。

今度は、味付けが少々濃くて、しょっぱめ。
何だか、笑ってしまいます。
でもとっても美味しいのよ・笑



今夜は、ヴィシュヌーンがサモサを揚げてくれました!
今日は大サービスだね!

残念ながら、歯科矯正をしている私には、
皮が硬くて食べるのがちょっと辛かったけど、
美味しいよ!



ヴィシュヌーン、「はい!サモサ!」のポーズ。

言葉が通じないから、ちょっと無理矢理・笑
恥ずかしがっててかわいいシャイポーイです。


部屋に帰って、シャワーを浴びたり、お洗濯したりして就寝。


明日は、帰りのフライトが延ばせるかお返事くるかな〜。


次回へ続く。。。




zazie ai のホームページはこちら→

12:34 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.12(シヴァナンダ・アシュラム)
引き続き、インド8日目。(2009年9月12日)リシュケシュ。晴れ。

いよいよ、リシュケシュに来たら絶対YOGAレッスンを受けたいと
思っていた、念願のシヴァナンダ・アシュラムに行く!

飛び入りで参加出来る女性だけのYOGAアサーナのクラスが、
16:30か17:00スタートだと聞いたので、
16:00にシヴァナンダ・アシュラム着くようにと、小走りで
ラクシュマン・ジュラーから戻ります。



途中、ガンガー沿いにあったYOGAクラスの看板。
アシュラム以外でも、至る所にこんな感じでレッスンを受けられるスタジオがあります。
今回、こんな風にフラリと誰からの情報もないスタジオにも
飛び込んでみようかとも思いましたが、なかなか勇気が出ず、
無謀なことは避けました。
日本でもなかなか出来ないからしかたないよね。。



なんかかわいい看板。
このイラスト、結構ツボかも・笑



無事に16:00前にシヴァナンダ・アシュラムに着いたけど、
前に一回下見に行ったにもかかわらず、持ち前の方向音痴で、
アシュラムの敷地内を右往左往・・・。
アシュラム内に居るいろんな人に場所を聞きまくり、
「あっちだ」「こっちだ」とインド人独特の
「知らなくても、かわいそうだから当てずっぽうを教えちゃう」にかかって、
ますます迷うも、ようやくスタジオに到着。

たまたま、東洋人の女の子がスタジオが開くのを待っていたので、
ちらちら見ていたら、日本人の女の子で、私に話しかけてくれました。
ヨガ・ニケタンに宿泊している子で、ヨガ・ニケタンのYOGAもいいけど、
シヴァナンダのこのクラスも気に入ったから、何度か来ていると
言っていました。

東京から来ている子で、
私同様一人でYOGAをしにリシュケシュに来ていると聞き、
話やすい子だし、友達になれるかも!と思ったけど、
レッスンが終わったらすぐに消えてしまった・・・。
(この後、狭い街であるリシュケシュでは、この子と何度か遭遇し、
 お互い、良いらしいと聞いたヨガスタジオの情報交換をしたりしたんだけど、
 結局、日本での連絡先を聞くほど仲良くなれず。残念。)

シヴァナンダのこのクラスは、すごい人気があるのかと思っていたけど、
来ていたのは外国人が多く8人くらいと、意外に少人数。

このクラスは女性専用で、その他、男性専用クラスが朝。
インド人しか受けられないクラス、
シヴァナンダに滞在している人しか受けられないクラスなど、
いろいろあるみたいでした。

先生は、前にNHKの番組で見た、冷たい感じの女性でした。

スタジオは、ガンガーが目の前に広がる、
すごく贅沢な立地で、ガンガーを正面に見ながらYOGAが出来ます。
すごく綺麗なスタジオで、借りられるマットもとっても綺麗。
残念ながら、スタジオの写真は撮らせてもらえず。
神聖な場所という事かしら。


アーサナは2時間と長め。

前半にヘッドスタンドがあり、ちょっとびっくりしました。
後で聞いたら、「シヴァナンダはヘッドスタンドから入る」って
ちょっと有名みたいです。

先生は唄うように誘導していく感じ。
この唄のような誘導は、ガンガーを見ながらYOGAをするのは、
すごく気持ちよかったです。

でも、ポーズの直し方は、先生が足で足払いみたいに冷たい感じで行うので、
ちょっと悲しい気持ちになりました。。
先生と生徒の上下関係がすごくある気がしました。

私が期待し過ぎてたのかなぁ。

シヴァナンダは、毎日同じシークエンスをすべての先生が同じようにやるようです。
後で聞いたら、シヴァナンダは好き嫌いがすごく別れるみたい。
私のも、いろいろなポーズに毎回挑戦したいタイプだし、
この先生の冷たい感じがどうも苦手で、
あんなに楽しみにしていたのに、ちょっと合わなかったかも。

レッスン終了後、ドネーションBOXにお金を入れて終了です。

私の貴重なシヴァナンダ初体験はかなりの緊張感で終わりました。

あんなに憧れていたのに、結局この一回限りしかシヴァナンダのクラスは
参加したくならなかったので、やっぱり私には合わなかったようです。



それでも、貴重なアシュラム体験が出来た事で、
気分はウキウキ!
夕日を見ながらアパートに帰ります。



この日の夕食は、外食。
アパートのすぐ下のGreat Ganga Hotelで頂きました。

インドですっかりハマってしまったビンディー・マサラ(オクラのカレー)を注文。
デリーのアシュラムで初日に食べてから、大好物に。
インドのオクラはすごく大きくて、美味しい!

夜23:30頃、アパートのキッチンに水を汲みに行ったら、
ビシュヌーンが何やら揚げ物を揚げていました。
明日の為に作ってくれているみたい。
でも、揚げ物は揚げたての方が美味しいんじゃないの?

ちょこっと味見させてもらったけど、味無し。。
ビシュヌーン、これ大丈夫?
英語も通じない彼は笑いながら、揚げた物を新聞紙に包んでいました。

この不思議な味の無い食べ物が、次の日の朝、
ものすごく美味しいものになるなんて、このときはまだ分からなかったのです。。


次回へつづく。。



zazie ai のホームページはこちら→



11:46 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.11(アーユルヴェーダ・シロダーラ体験)
のんびり進んでおりますインドのヨガ修行記。
このままのペースだと、のんびり書いているうちに
年越しになってしまいそうですが、どうぞお付き合い下さいませ。
どうしても、しっかり思い出として刻んでおきたいのです。。

さてさて、
いよいよインド8日目。(2009年9月12日)リシュケシュ。晴れ。

夜中、なんだかよく眠れず3:00頃からウトウトしたり起きたりの繰り返し。
実は、帰りのフライトを延期する希望を航空会社に出しているのですが、
まだ返事が無く、帰りの日程が決まらないため、不安なのです。

私はいつまでインドに滞在出来るのか・・・。

6:00起床。
帰りの日程が決まらないからこそ、やりたい事を出来るだけ早く
体験してしまおう!ということで、
今日は、アーユルヴェーダのシロダーラと全身オイルマッサージを
体験する事に。

7:30 朝のチャンティングクラスに出席。
インドに来たからには、どうしても覚えたかったマントラを携帯に録音する。
リシュケシュに着いて、毎日暇さえあれば頭の中や口に出して
唱えているから、なかなか忘れないだろうとは思うけど、
RAJの声でネイティブの発音を聞いた方が絶対いい。

引き続きYOGAアーサナのクラス(TTC)に出席。
RAJのYOGAに参加出来るのも今日まで。

アシュラムのクラスなんかと違って、基礎の基礎から、
こんなの聞いていいの?っていうような恥ずかしい事まで、
質問させてもらえて、ちゃんと答えてくれて、本当に勉強になりました。
RAJ&YUKAKOさん本当にありがとう!!!



11:00過ぎにブランチ。
今日のブランチは、味付けが濃くなって、具の量も増えて美味しかった!
やっぱり私が高熱出して寝込んだから、気を遣って病人食に変えてくれてたのかな?



午後一番でアーユルヴェーダのマッサージを受けられる事に。
滞在していたアパートのすぐ下にある、Great Ganga Hotel のSPA。

SPAはガンガーが見下ろせるHotel最上階。
贅沢〜。

全身マッサージとシロダーラ両方受けるのに、ホテル価格で高かったけど、
早く受けておかないと、帰りのフライトが延期出来なかった時に
絶対後悔するよね〜と奮発して決めてしまう。



シロダーラは、温かいOILがおでこを流れる感じがリラックス出来て、
気持ちよくて、やって良かった!半分眠りの世界に。。。
アーユルヴェーダのドクターにも、シロダーラはリラックス効果があるから、
私はやった方が良いと言われていたし。

このSPAのシロダーラは35分間ゴマ油をおでこに
流しっぱなしにしてくれるので、かなり贅沢。
これなら、高いお値段も納得でした。

全身OILマッサージは、アロマオイルのマッサージに比べちゃうと、
良い香りがする訳でもないから、(ゴマ油の香りだから・・・)
こんなもんかな〜という感じ。
ひたすらゴマ油まみれになって、むしろちょっと不思議な気持ちに。。。

まあ、シロダーラが良かったから、◎としましょう!

マッサージ・シロダーラが終わった後は、
カプセル型のシャワールームみたいなところに入って、
スチームに5分間くらい入ってからシャワーを浴びて終了。

今回は、ドーシャを伝えなかったから、ごま油の中にハーブなんかは
入っていなかったみたいだけど、自分に合うハーブが入っていたら、
もっと良かったのかしら?
次回やるときは、聞いてみようっと。



アパートに帰って、もう一度全身を自分のボディーソープで
ゴシゴシしっかり洗って気分もさっぱり。

今日は、夕方シヴァナンダ・アシュラムのYOGAアーサナに参加するから、
それまで、一人でリシュケシュを探検する事に!!

旅先、滞在先での一人歩きが大好きな私♪♪
それに、リシュケシュに来て、初めてすごくお天気に恵まれた日。
お散歩には最高!



中央に見えるのが、私のアパートの門を守ってくれている守衛さん。
いつも笑顔で挨拶してくれて、いろいろ話しかけてくれる陽気な人。



アパートの裏口はこんな感じ。
いつもここから出入りしてました。
それにしても綺麗な建物。



いつも通っていた急な坂道。
アパートを出てからすぐにガンガーが見下ろせる高台だから、
急な坂道を上ったり降りたり、汗が噴き出す道。



白いトンネルみたいで好きだった道。
いつも鳩がいっぱい壁にへばりついていて、
うんちを落とされないように気をつけてました・苦笑



すごくお世話になった宝石屋さん。
日本円でも支払いが出来るすごいお店。
私のお守りのパールネックレスを作ってくれたりした、インドでは高級なお店。
イケメンのお兄さんが優しく対応してくれました。
次回またリシュケシュに行ったら、絶対お世話になるだろうなぁ。



近くの船着き場から見えるラム・ジュラーの橋。
ここをいったい何回往復したのか?っていうくらい、
一日に何度も歩いた橋。



ナッツが山盛り。道ばたのお店。



ラム・ジュラーの橋入り口。
こんな細い橋なのに、バイクもぶんぶん走ります。
そして、凶暴なお猿がいっぱい!
いつもいつも、お猿だけは怖かった!最後まで慣れられなかったー。

この時間はなんだか橋が混んでいて、入り口で人々が立ち往生。



橋の途中から見たガート(沐浴場)。
私も何回か、ここでアクセサリーを清めたりしました。



ラム・ジュラーの橋の反対側からの眺め。
ガンガーを渡るには、この橋と、もう一つ少し北にあるラクシュマン・ジュラーの
二つの橋を歩いて渡ります。

すごくよく歩いたから、とっても愛着があります。



ラム・ジュラーの橋を渡ってから、ラクシュマン・ジュラーの方へ向かう
田舎道が、のどかですごく大好きでした。
この日は、この道初体験。
お天気も良いし、緑いっぱいののどかな道を歩いていたら、
マントラを思わず口ずさむ。



空がすごく蒼くて嬉しい!!!!

一人のお散歩は、写真を好きなだけ撮りながら進む。



ラクシュマン・ジュラーの橋のちょっと手前のチベットのお店をのぞいたら、
なんとなく親しみのある顔立ちの女性が店主。
商品を見ていたら、私がずっと欲しかった、「ティンシャ」があった!

女の人にも何だか親しみを感じるし、是非ここで買おう。

値段交渉が苦手で、ちょっとしか値切れなかったけど、
ティンシャに刻印されている模様(チベットの文字?文様?)のマントラと、
このティンシャの意味をお店の女性が親切に教えてくれた。

マントラは、「OM MA ME PATH MAI HOO」

「ハピネス・マントラ」だと言っていた。

「すべての生き物が幸せになりますように・・・」という事らしい。

なんて素敵なマントラ!!!!

チベットの女の人は日本人と雰囲気や醸し出すオーラが似ている気がして、
英語で会話をしているんだけど、日本語で話しているみたいに、
調和出来る気がした。
なんだか、親戚同士みたいに親しみが湧いたし。
すごく優しい店主の女性で思い出のお店。


さらに歩いて、ラクシュマン・ジュラーの橋まで歩いて、
ふと、時計を見たら、そろそろシヴァナンダ・アシュラムに向かわなくては
夕方のYOGAアーサナのクラスに間に合わない!

小走りでもと来た道を戻る。


次回は、夢にまで見たシヴァナンダ・アシュラムのYOGAアーサナクラスに
いよいよ出席!
何年もずっと夢だったアシュラムでのYOGA体験。ドキドキ。


次回に続く。。



zazie ai のホームページはこちら→

22:35 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.10(YOGA CHAKRA)
引き続きインド7日目。(2009年9月11日)リシュケシュ。雨から曇り。

ラム・ジュラーの橋からガンガー沿いの小道を歩いて、ぶらぶらと南へ。

歩いていると、あらゆるところにアシュラムやYOGAと書いた看板が目につきます。

リシュケシュは本当にヨガの聖地なんだと再確認。
YOGAするのには困らない街。



インド中をのさばる自由な牛達の落とし物。
こんな光景が日常的なので、記念にパシャリ。

フランス・パリでは、犬の糞を踏まないように
オシャレな街中を下ばかり見て歩かなくちゃ行けないけど、
インドでは犬の糞が牛の糞に成り代わった感じ・苦笑

日本は綺麗だな〜とつくづく思います。



ビートルズが超越瞑想の修行をする為にメンバー全員で滞在したという、
「マハリシ・マヘシ・ヨギー・アシュラム」通称「ビートルズ・アシュラム」へ。



現在は使われていないので、もう、廃墟というか遺跡の領域。



敷地内の石階段や壁面が、すごい綺麗な緑色の「苔」で覆われていて、
宮崎駿の映画のような絵の中の世界のようでした。



一人一つずつ与えられていた石造りの個室。
入り口の高さは、私でちょっと低いくらいの狭さ!
個室と言えるのかしら?って言うくらい狭い。
入り口には扉もないけど。。



中に入ってみたら、すごい狭い階段で地下にも降りられた。
2畳弱の2階建てって感じ?

ビートルズのメンバーはこの個室に一ヶ月籠るという修行をしたけど、
メンバーの一人は耐えきれず、途中で帰国してしまったらしい。。



もはや壁しか残っていない建物も。

ビートルズの曲にも、インドの楽器「シタール」が使われていたり、
YOGAに興味をもったり、インド好きだったらしいけど、
超越瞑想の修行ってすごいイメージと違う気がしました。

特にジョージ・ハリスンはインドが大好きで、
彼が亡くなった後の遺灰は、ヴァラナシのガンジス河に流されたそうです。
知らなかったわ〜。



すごく広い体育館のようなスペース。

そして、誰何だか良くわからないけど、
英語でいろいろ説明しながら、ビートルズ・アシュラムの中を
案内してくれたおじさん。

こういう人って、絶対どこからとも無く現れるよね・笑



宿泊施設のような建物も、こんなに緑まみれ。
完全に廃墟ですね。
でも分け入って入ります。
こういうところ、ちょっと好き!



屋上からの長めはすごく良かったです!

この卵みたいな部屋の中は、声を出すとすごく響いて、
幻想的な音になりました。



すごいペイントされた部屋も。
いつの時代に描かれたのかな?
かわいらしいけど、この案内のおじさんとのギャップも面白い。

このおじさん、本当に長い時間ガイドさんをやって下さいました。
ありがとう!おじさん!



ビートルズ・アシュラムの敷地のすぐ外で、
おじさん達の集団が、石をバケツ・リレーのように手動(?)で運んでいました。

石を運ぶお仕事。

あたまに石の入ったタライを持って運んでいたので、
すごいな〜と思って見学していたら、
「そら、やってみなよ!」って感じで、私にもタライを持たせてくれました!

石は入ってなかったから、重くは無かったけど、
おじさんと一緒に記念撮影。パシャリ。

お仕事ご苦労様です〜!!



ほど近い野外CAFEでちょっと休憩。

「レモンソーダ」を頼んでみる。

レモンを絞ったジュースにSODAを合わせるだけの甘くない飲み物。
甘みが欲しいかな?と思って、ハチミツも一緒に頼んでみたけど、
入れない方がさっぱりしていて美味しい!

インドでは、外のCAFEとかでは「氷」入りの飲み物を頼めないから、
(氷は生水で作ってあるかもしれないからお腹を壊しやすい)
ビン入りのSODAは安全だし、キリッと冷えてて最高の飲み物!

外では冷たい飲み物があまり飲めないから、生き返る〜!!!!

今度、どこかでどうしても冷たい物が飲みたくなったら、
甘み無しのレモンソーダを注文しよう!

ハチミツをちょっと舐めつつ、レモンソーダを飲むのもいいかも。




お散歩終了。リキシャーでラクシュマンジュラーに移動。

途中、建築中の建物を発見。

建てているのか、壊しているのかわからないような状態だったけど、
すごくたくさんの木を支えにして、建築中のご様子。

強引だなぁ。
こんなふうにアバウトに建てるから、
すぐに水が漏れたり、床が平じゃなかったりしちゃうんだね。

思わず笑ってしまう。さすがインド!

リシュケシュのこの地域もほんの2・3年前まで何も無かったところに、
こうやってどんどん建物が建っているらしい。
どんどん発展して行くインドを目の当たりにした感じ。

私が次回リシュケシュに来たら、また全然変わっちゃってるんだろうな〜。




今日の夜のYOGAアーサナは、
RAJのスタジオ「YOGA CHAKRA」で。

RAJはまだ20代で若いのに、こんな立派なスタジオを持っていて偉いな〜と
感心してしまう。

朝はまだ病み上がりで見学したけど、夜からは私も参加!



こちらが我らのRAJ先生!

RAJのアイアンガー・ヨガは、キープ時間が長いから結構辛い。
今回は、トリコーナ・アーサナの練習だったけど、
壁を使ってひたすらキープ。

関節の構造や身体の左右のバランス、人それぞれに持つ癖を
どんどん見つけて指導してくれる。

人によって、アジャストも道具の使い方も様々。
ベルトをつかったり、ブロックをつかったり、
私は本格的なアイアンガーは初めてだから、すごい新鮮。

はっきり言って、RAJのアイアンガーに
「リラックス」という言葉は無いかも!(ごめん!RAJ!)

毎日続けたら、これぞまさに修行。
(TTCが始まっているということもあるけど)

私は病み上がりなので全力では出来ずちょっと残念。

でも、YOGAが出来た事が、ものすごい嬉しい!!!




帰りはどしゃ降りの雨になってしまったけど、
無事にリキシャーでアパートへ。

昼間は熱を出してダウンしてしまった、クッカーのデヴィさんも、
無事復活。
ディナーはまたもや味が薄味過ぎて、みんなちょっと曇り顔。
私は、もともと薄味好きだからそんなに気にはならなかったけど、
確かにはじめの頃の方が美味しかったかもね。
RAJもブツブツ文句をいっていたので、デヴィさんに伝えてくれるでしょう。

明日はヴィシュヌーンがバナナサモサとポテトサモサを作ってくれるって、
張り切っているから楽しみ!


そういえば、昼間お散歩していた時、
露店でOMマークのシールを買おうとして、頑張って値切ろうとしたけど、
全然下げてもらえなかったのに、
RAJがこちょこちょっと交渉したら、
30ルピーがあっという間に10ルピー以下に!!

やっぱりインド人にはインド人!
インドに慣れている人でも外国人は舐められて
あんまり下げてもらえないらしい。

もともと交渉事が苦手な私は、楽しくお買い物が出来れば良いや!と
思っているから、インドでの値段交渉でもあんまり嫌な思いを
しませんでした。
買った値段もすぐ忘れちゃうし・苦笑

敏感な人とか、価格や交渉にしっかりした人は、
インド人ちょっと苦手になっちゃうかもね。
「騙された!」と思ったりしちゃうかも。

私は鈍感で良かった・苦笑


雨続きだし、湿気がひどいので、
洗濯物が全然乾かない。。


そしてそして、ひどいと聞いていた停電にはやっぱりちょっと悩まされる。

インドはどこも停電がひどいから、
このアパートは独自で電気を貯めているらしい。

だから、消えてもすぐ付くんだけど、数年前までは、
このアパートでも、夜になると必ず停電があって、
夜はロウソクが必需品だったみたい。

パソコンを使ったりしてる訳じゃないから、最高に困る事はないけど、
いきなり消えるとびっくりするし・・・。

でも、滞在も最後の方になってきたら、
慣れちゃってほとんど気にならなくなってました・笑


明日は、アーユルヴェーダのオイルマッサージを体験します!


次回に続く。。



zazie aiのホームページはこちら→




10:34 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(4) / -
インド・ヨガ修行記 vol.9(リシュケシュの街)
インド7日目。(2009年9月11日)
リシュケシュは曇り空。

早朝5:00にぱっちり目が覚め、
昨日まで熱があったとは思えないほど清々しい!

寝込んで洗えなかった髪を洗ったら最高にスッキリ。
体中がインド用にリセットされたような妙な気持ちよさ。

思わず、アパートの外に出て、タオルで頭をガシガシ拭いていたら、
お世話係のヴィシュヌーンくんが後ろに立ってるのに気付いて、
ものすごくビックリしました!
まだ6:00なのになんでこんな早く来てるのー!?
彼は、数日前に寝坊したのを怒られて、今度は早く来過ぎてしまったらしい。
早すぎたり、遅すぎたり、インド人て極端で面白い〜。

ヴィシュヌーンくんは、英語が全く分からないので、
いつも日本語と、ヒンドゥー語という不思議な関係で会話するんだけど、
いつもなんとなく伝わるから面白い。

彼が、首を斜めに振る癖があるのを面白いと思っていたら、
これはインドのネイティブの人のYESのジャスチャーだという事が分かって、
これまたびっくり!
これ日本でやったら、いつも「??」ってしてるみたいに見える・笑

屋上に出て、ガンガーを見てみたら、
びっくりするくらい河幅が広くなって、流れが激しくなってた!!
私が寝込んでいる間中、雨がずっと降り続いて、
水が増水してものすごいことになってしまったらしい。
色も濁って、まさに濁流。



ヴィシュヌーンが、シーツを新しくしてくれて、
お部屋の雰囲気が一新。シックになった。ありがとう!



今朝はとっても早く来たから、
CHAIを入れてくれるヴィシュヌーン。

美味しい!まだ7:00前なのに、これまたありがとう!

今朝は7:30からYOGAアーサナ。

今日から、本当はRAJのクラスはTTC(ティーチャーズ・トレーニング)
だけど、寝込んでいたあいこは特別にあと二日間は延長して
参加させてもらえることに。
RAJさん、ありがとう!



でも、朝のアーサナはさすがに見学。
(ほぼ唯一と言っていい、インドでのYOGA風景。私は居ない。。)

マントラ・チャンティングは参加させてもらい、
マントラが印刷されているテキストももらえた!

覚えたかったサンスクリット語の「シャンティー・マントラ」も、
だいぶ覚えてきて、嬉しい!
それに、インド人のRAJの発音で学べるのが最高に嬉しい!

これで、YOGAをやる前・やった後と、
念願のマントラを唱える事が出来る!
後半に行ってみたい、リシュケシュのアシュラムでもきっと活用出来るず。

明日は、RAJのマントラ唱える声を携帯に録音させてもらおう!
これでバッチリ復習ができるわ!!!



なんとなんと、今日はクッカーのデヴィさんが熱を出してしまい、お休み!
私がうつしたのかなー???



ヴィシュヌーンが代わりに作ってくれる事に。
出来るの〜?なんて言いながら見に行ったら、
チャパティーなんてすごく上手!

実は彼、この仕事の前にレストランの厨房で働いた事がある若者だった!
頼もしい〜。



レッスンが終わったもんだから、
何だか知らないけど、料理の出来ないRAJもお料理。
写真で見ると、自信満々に作っているように見えるね。
みんなの貴重なブランチがかかってるんだから、大丈夫〜!?

心配そうに横から見守るヴィシュヌーンに途中で交代させられてました・笑



おお〜!美味しそう!




インドで、私がすごい感動してしまったのが、
この「チャパティー・ケース」なるもの。
チャパティー専用の保温機で、
いつでも温かいチャパティーが食べられる優れもの。

見た目もおもちゃの炊飯器みたいでカワイイ!



私が熱をだしてから、びっくりするくらい薄味になってしまった
デヴィさんのカレーより、ヴィシュヌーンのカレーは
スパイシーで具も多くて美味しかった!

今日のヒーローだよ!ヴィシュヌーン!!



ブランチの後、リシュケシュに着いて初めて雨がやんだ日だったので、
歩いてアシュラムを見たり、お店を見たり、
初めてリシュケシュを歩きまわってみる。



アパートの敷地内。
こんなリゾートみたいなアパートに泊まってるんだ〜!綺麗!
まだ外からちゃんと見た事無かった。
大雨で部屋に缶詰でさらに高熱で寝込んでたから。




私の滞在しているアパートは、ラム・ジュラーにある。
ラム・ジュラーの橋のちょっと南側で、
アパートのすぐ真下あたりに「ヨガ・ニケタン」があった。
ヨガ・ニケタンは飛び入りで入れるYOGAクラスが無いみたいなので、
今回はレッスン受けられなそう。




リシュケシュに来たら、絶対YOGAのレッスンを受けたいと思っていた、
かの有名なシヴァナンダ・アシュラム。
アパートから驚くほど近くにあった。

ホスピタルと書いてある方の建物で飛び入りのYOGAクラスが受けられるらしい。
よーし!ここに来よう!



ちょこっと覗いてみると、「YOGA HALL」という看板と、
上への矢印。
この階段を登れば、スタジオがあるらしい。
わくわくする〜!!!!!!

ラム・ジュラーの橋を渡る手前のガンガー沿いに商店街が。
お土産物屋さんや、CD屋さん、CAFE、宝石屋さん、薬局などがある。



ここは、何度も行って、ハーブティーとかオイルを買いに行った薬屋さん。
おじいちゃんがかわいい。
いつも前を通ると挨拶する仲に。



ラム・ジュラーの橋を渡った反対側の水飲み場で、
牛が水を飲んでいた!
誰が蛇口をひねったの!?とか、
通る人達がみんな不思議そうに見ていた・笑



すごい増水してしまったガンガー。
この数日後、通常の水量を見たけど、
このときは本当にすごい水かさが増えていた!



途中で通ったアシュラムの宿泊施設。
色がすごく綺麗だったから、思わず撮影。



洗濯物がいっぱい!
彩りが綺麗〜!



アシュラムって、安い価格で泊まれるし、ごはんも食べられるのに、
本当に綺麗なところが多い。



2010年3月のYOGAフェスティバルの看板を発見。

2月・3月はYOGAで最も盛り上がるお祭りがあるって聞いたのは、
これの事だー!
機会があったら是非また来たい!!!
しかも来年だったらまだ、ギリギリビザも切れてない・・!?



踊るシヴァを発見。
かっこいいシヴァ、踊るシヴァ。
インドに来て、人気のシヴァにはたくさん遭遇するけど、
本当にいろいろだわ。



毎晩、アラティーという、プージャ(儀式)が行われる、
ガートも、濁流でものすごいことに!
階段まで水が来ちゃってる!
ガンガーが怒ってる!?


この後、ビートルズ・アシュラムと呼ばれる、
ビートルズがYOGA修行に来たときに滞在したアシュラムを訪れます。


次回に続く・・・。



zazie ai のホームページはこちら→

21:13 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.8(謎の高熱)
インド4日目。リシュケシュ。(2009年9月8日)雨。

リシュケシュ初めての朝は、明け方からすごい雨で、
珍しく一日中ひどい雨の日になってしまいました。

もう雨期は終わったはずだし、
たとえ雨期でも、一日中雨が降り続くのは珍しいようです。


朝6:30起床で、お世話係のビシュヌーンくんが、
温かいチャイをお部屋に届けてくれる予定だったけど、
雨で材料が買いに行けなかったらしく、チャイ無し。
ホントかな?寝坊のような気も。。笑

リシュケシュでの生活は、朝食は無し。
朝、YOGAアーサナを一時間半くらいやって、その後ブランチです。

インド4日目にして、初めてのYOGA!
身体がナマってなんだかギシギシしてる。

今朝は8:00からYOGAアーサナ。

RAJのYOGAはアイアンガーYOGA。
脚とかペシペシ叩かれて、結構スパルタ!?
なかなか厳しい。
でも、言ってる事やアジャストはものすごく的確で、
すごくすごく勉強になります。

雨になってしまった今日は、YOGAの後、
アーユルヴェーダのドクターをやっているRAJのおじさんに
診断してもらえる事になりました。

アーユルヴェーダは興味があったけど、
日本では、自分のドーシャも、本を見て、チェック項目で判断していたから、
本当かどうか分からなかったけど、
こちらのドクターは「脈診」で診られる結構すごい人。

手首の脈を触って診るだけで、私の胃酸過多とか、
精神的にネガティブになりやすいところなどを、ズバリ言い当ててました。
恐るべし!!

ちなみに私のドーシャはヴァータ・ピッタ。
胃酸過多だから、ミルクと梅干しがNGで、
リンゴとぶどうが良いらしいです。ほぉ〜。
とにかく常温の水をたくさん飲む事。これも胃酸過多にいいみたい。
そして、何事もポジティブに考える事が大切だそうです。
なるほど。。




昨日の夕食も軽めにすませていたので、
朝からお腹がペコペコだったのに、
空腹で行った方が良いという、アーユルヴェーダの診断を先に受けたので、
完全にフラフラになったところで、遅めのブランチ。


食後、お喋りしたりして少し休憩して、
15:00からYOGA哲学のレクチャー。
「マインド」についてのお話。
うう。。難しい。。。

その後引き続き、YOGAアーサナを1時間ほど。

18:00すぎ、待ちに待った夕食!!!!!

今日はブランチも少なかったからお腹ペコペコ〜。



こちらが、1階の共同キッチン。
クッカーのデヴィさんがディナーを作ってくれています。



お料理しているところをパシャリ!
初対面でまだ打ち解けてないけど、この後の日々で楽しい仲間に!



私がインドで一番大好きになって、よく食べていた「ビンディー・マサラ」。
オクラのカレーです。
インドのオクラは日本のオクラの4、5倍ありそうな巨大サイズ。
このカレー本当に大好き!



生野菜とパパイヤ。
生野菜は、レモンを絞って、お塩をつけて食べると、さっぱりしていて
とても美味しいです!

ドレッシングをどぼどぼかけるより、野菜の味を味わえて、
みずみずしい新鮮な野菜は美味しく感じる。

日本に帰ってもやってみようかな〜♪



どのメニューも、薄味で優しくて美味しい〜!



豆におかゆ「キチュリ」。
こちらも薄味だけど、スパイスが効いていて美味しい。

このあと、このおかゆ「キチュリ」に心から感謝して、
助けられることになるとはまだ夢にも思っていない私。。




食後、部屋に戻って、インドのバラエティーを見たり、
日記を書いたりのんびり過ごして、23:30頃就寝。。




一回眠りに入ってから、なんとなくダルさで目が覚めました。

んん? なんか熱っぽいような。。。

そのまま、睡魔に負けてウトウト。。。

夜中2:00を過ぎた頃、日本から持参した愛用の体温計で計ってみる。
37.83°C  熱が出た。
とりあえず、日本から持参した解熱剤と風邪薬を飲んでおく。

熱っぽさとダルさで眠れなくなり、
「これは、明日はYOGA見学だなぁ。
マントラチャンティングだけは受けたいなぁ。」
などと考えつつ、クローゼットに予備で置いてあった毛布をかける。

熱で身体が痛い。。


5:15  38.15℃ いよいよ本格的に熱。


インド5日目。(2009年9月9日)
今日も雨。(結局一日中雨)

朝、みんなに熱が出てしまった事を伝え、
YOGA二日目にしてダウン。。

夕べ、便秘っぽいと思って寝る前に便秘薬を飲んでしまった為に、
少しお腹もユルい。。飲まな無きゃ良かった。。


10:00  39.03℃  

何か食べた方が良いと、キチュリ(豆のおかゆ)を食べようとする。
味があんまり無いキチュリは、一口食べるとため息という感じ。。
自国の食べ慣れた味じゃないし、なかなか進まず。



そこに、以前、アパートに滞在していた日本人の方が置いて行ったという、
お茶漬けの素をかけて食べてみる。

美味しい!!!!これなら食べられる!
やっぱり私は日本人!ありがとう!永谷園!!!

キチュリ、無事完食。


昨日、診察してもらった、アーユルヴェーダのドクター(RAJのおじさん)に、
症状を伝えてもらって、薬をお願いする。

粉末のポカリスエットを一箱持ってきていたのを、溶かして飲む。
これが信じられないくらい美味しい!

「インドに行くなら、粉末ポカリスエットは絶対!」と効いて、
普段飲まないポカリを半信半疑で持ってきたけど、正解でした。




13:00 熱は下がらず、血便が出てしまう。。
なんなんだ!?これは!?

下痢に効くと言うので、バナナを半分食べる。
便秘気味の私は普段から朝食にバナナを食べていたけど、
インドではバナナは便秘のときは良くないらしい。。そうなんだ。。



ドクターの薬到着。
とりあえず飲む。

初めてのインドの薬。
まずは、写真に撮らねば・・・・。
こんな事やってる位だから、結構大丈夫かも・苦笑

14:00  38.85℃  キチュリを食べる。

  
      とにかくポカリをひたすら飲み続ける。


17:00  つ、ついに、40.00℃・・・・!?
     この体温計って、40.00℃計れるんだ。。。初めて見た。
     そして、まだ血便が続いている。。

大人になってから40.00℃まで熱が上がった事が無かったから分からなかったけど、
38℃〜39℃くらいまでは、熱で寒気がしてぶるぶる震えていたのが、
40℃になったころ、身体が熱すぎて、思考回路も止まり、
何も出来なくなる事が判明。
ただ横たわっているだけ。辛いかどうかもわからない。

ポカリすらも飲む気になれず。。っていうか動けず。




20:00  38.35℃ 少し下がった。
キチュリ、バナナ半分、ドクターの薬4種。

23:00  37.56℃ 

ドクターの薬を飲んでから、急激に熱が下がっている!
とりあえず、眠れそうな体温まで下がったので、
疲れて眠る。。。


インド6日目。(2009年9月10日)雨。

夜、わりとよく眠れて、汗をたくさんかいて、さらに一気に熱が下がった。

雨が降り続いて3日目。なぜこんなに降るのか。。
どうせ外に出られないから私的にはどちらでもいいけど。。

朝7:30  37.41℃

腸に物が入っていないせいで、鼻水みたいな透明の便に少し血が混じる。
ドクターの話では、胃酸過多の人にこういう症状が多く起こるらしい。

バナナにも感謝!
ポカリは昨日一日で、2リットル飲んだ!

8:00 バナナ一本を食べ、ドクターの薬を4種飲む。


実は、この間
日本にいるダンナさんに帰りのフライトを数日延期して、
インドにもっと長く滞在してもいい?とメールで問いかけていた私。

熱は出ても、すっかりインドの生活が楽しくなってしまっていたのです。


10:00 37.06℃ もうほぼ平熱。


11:00 キチュリを食べる。
     お腹がすくようになってきた。血便も止まった。



これが、この高熱時の私をすくってくれた食べ物達。
バナナは、アーユルヴェーダ的にはあまり良くないらしいけど、
血便を止めるには効果的だったみたい。


午後は、ベットの上に座れるくらいに快復したので、
日記を書いたり、YOGAの本を読んだり、
日本から持ってきた千代紙で折り紙を折ったりして過ごす。
妙に熱中してもくもくと制作。
やっぱり何でも作る事は大好き!笑

17:30からのマントラ・チャンティングには無事参加!
長めのマントラを教えてもらった!
アーサナはマットの上に座って見学。
まだYOGAアーサナは念のためやめておく。

19:00すぎの夕食。
2日ぶりにみんなと一緒に食卓でごはん。うれしい〜。
白いご飯と、チャパティーはまだ食べちゃダメだって。
生野菜もNG。

キチュリとパンプキンカレー、パンプキンスープを食べる。
今日は、私が病み上がりなのを気にしてくれたのか、
ものすごい薄味でびっくり。
私が熱を出してから、日に日に食事が質素になっているらしい。。


2日ぶりにシャワーも浴びられて、
今日はぐっすり眠る。


それにしても、何の熱だったのか?
でも、不思議な事に、高熱が出ていても、気分は全然悪くならなかった。
高熱すぎて、楽しくなっちゃってたの?苦笑

たぶん、私が子供の頃からよく出す、「知恵熱」だったんだと思う。
興奮して、感動して、感情を抑えきれなくなり、高熱がでたんじゃないかしら。

インドの事も全然嫌いにならない。むしろもっと滞在したい!

RAJとYUKAKOさんにはいろいろ看病してもらったり、
お薬を取りに行ってくれたり、本当にお世話になりました。
一緒のアパートに滞在している、女の子達も、
心配して日本から持参したサプリメントを分けてくれたり、
お茶を入れて持ってきてくれたり、心強かった!
みんなありがとう!!!

滞在延期をダンナさんにお願いした結果、
彼は快くOKしてくれた。
「楽しいなら、延ばせばいいんじゃない?
こっちは大丈夫だよ!」と即答メール。

お互いの遊びには寛大なうちの夫婦だけど、
こんな時に文句一つ言わないで、留守番期間を
さらに引き受けてくれるうちのダンナさんが、
この時は本当に「仏さま」のように感じました。ありがとう!
私も見習おう〜。



次回へ続く。。
(今日は写真も少ないのに、長くなりました。。読んでくれてありがとう!)



zazie ai のホームページはこちら→



11:23 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.7(ハリドワール→リシュケシュ)
長い長いインド3日目(2009年9月7日)の日記が
続いてしまいましたが、今回でようやく終了です・苦笑
なにしろ書きたい事が多くて。。
(インドに着いて、まだ肝心のヨガをやっていないですが。。)

インド3日目最後の今回は、
いよいよ今後2週間滞在するリシュケシュに向かいます。



ハリドワールの山の上のお寺を出て、再びガンガーほとりを歩きます。



商店街の人混みにも、もちろん聖なる牛がのったりのったり。
インドでは、牛を聖なるものとして、食べる事はもちろんしないし、
ひどく扱ったりする事も少ないので、
道ばたでも牛は、何者よりも一番偉い顔して歩いています。
インド人も困っているみたいだけど、宗教上の事があるからどうにも出来ないみたい。
不思議〜。



道路にある木下でゴロゴロしてるBABAっぽい人達。
コメントなし。




楽しそうにロバを囲んで、何やらわいわい相談してる子供達を発見!
気になって、近づいてみる事に。
言葉がわからないけど。なになに????



ああ!

このロバに乗りたいのね!!!!
面白そう〜・笑

みんなで抑えたり、いろいろ工夫します。
なかなか上手くいかなくて、振り落とされてもなんのその!
 


やった〜〜〜〜!!!!!!
乗れた乗れた!!!

私も思わず拍手〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

子供はどこの国も、遊びに真剣なのは一緒だし、
まわりを歩いて通る大人達も、
「やってるやってる・笑」って感じでみんな笑顔でした。

なんだか、自分の子供の頃の気分を思い出して、
懐かしい感じがしました。
思わず、「私も乗ってみたい!」って言いたいくらい。

インドの子供は本当にかわいい。
遊んでる子供達は特にかわいい。




歩いている私達にずっと付いてきてしまった女の子。
物乞いの子なんだけど、かわいくてとても複雑の気持ちになりました。
インドが苦手になる人の中には、こんな出会いが苦手って人も多いはず。
ごめんね、ダメなの。ごめんね。と言いながら歩きました。



お寺のお供え物の中には、ガンガーに流す為の物が入っています。
お米のポン菓子のような食べ物とキラキラの布。
お菓子を少し食べてから、これらすべてをガンガーに流します。
これは、他に行ったお寺でも同じでした。



いよいよハリドワールを出発。
TAXIで一時間の道のりを北に進みます。
ガンガーをさらに上流へ。
ヨガの聖地・リシュケシュへ向かいます。




今日のリシュケシュはちょっと曇り空。
リシュケシュの街に入ったら、街の南に位置するトリヴェニー・ガートへ。
リシュケシュ最大の沐浴場です。

この季節(9月上旬)は、夏の終わりで、ヒマラヤ山脈から雪解け水が
ガンガーに流れ込むから、水がすごく冷たいそうです。

雨が多い季節の後だから、水も少し濁っているみたい。
でも、さすが上流。思っていた以上にキレイ。




再びガンガーの水に脚だけ入って祈りました。


  「これから2週間、どうぞ宜しくお願いします。」


ハリドワールのガート(沐浴場)は、階段付きでいかにもって感じの
観光系だったけど、リシュケシュのガートは砂利石がいっぱいの、
自然の中って感じがして、私にとってはとても落ち着きました。




ガートそばのシヴァの像。




ガンガーのすぐそばで、布がいっぱいはためいていた場所。
何かの儀式の片付け?
それとも準備?
全然分からなかったけど、とても綺麗でした。




これからのアパート暮らしの為にマーケットのある地域にお買い物に。
生活用品のお店がズラリと並んでいて、
生活に必要なものはなんでもこの地区で入手出来るようです。

インセンスのお店に行って、身体に付けるようのアロマオイルを買いました。
インドの生活では、インドの香りを纏って生活しよう!



新鮮なフルーツがいっぱい!
美味しそう!

今後、必要な食材を買い出します。
もちろん今夜の夕食の食材も。



マーケットを後にして、
TAXIでこれから滞在するアパートへ。




これが、私がこれから暮らすお部屋です。
3階建てアパートの1階。

天井がすごく高い!
ベットも広くて、ソファーもあって、テレビもあって、
もちろんシャワー&トイレ付きで文句無し!
エアコンは付いていないけど、天井のファンがいい風を送ってくれるので、
これぞ、ちょうどいい。

高級ですごく綺麗なアパートで感動!

アパートが建っている敷地の入り口に、
ガードマンさんが24時間いてくれるので、女の子でも安心!
いわゆる、高級住宅地って感じのところです。
日本人の私達にとっては、インドは物価の低い国なので、
こんな贅沢が出来てしまう。
それに、ホテル滞在を考えたらもちろん安上がり。



シャワー室。
シャワーはまるで霧吹きのように、出が悪いので、
ブルーのバケツに水とお湯を混ぜて適温にしたお湯を溜めて、
身体を流します。
この季節、まだ暑かったので、これが慣れたらすごく快適でした。





アパートの2階に位置する、大っきなテーブルがある
談話スペース。

ここで毎日、一日2食のお食事をいただきます。

写真に写っているのは、このアパートでお掃除とか備品の管理とか、
身の回りのお世話をしてくれる20歳の男の子、ヴィシュヌーン。
この子がシャイでかわいくて、超いい子だった!




アパート初めての夕食。

一日2食の食事は1階の共有キッチンで、
クッカーのデヴィさんが作ってくれます。

食事の時間に食卓に来れば食べさせてもらえるシステム。

外食したい場合は、前もって言っておけばもちろんOK!
寮みたいな感じかな。




野菜たっぷりのベジタブルカレー、お芋のカレー、
生のお野菜、チャパティー、ライス。

アーユルヴェーダのお料理を作る資格をもっているデヴィさんのご飯は、
素朴で優しい味。
カレーはスパイスは効いているけど、辛くない。
家庭の味で美味しい。

外食だと、どうしても濃い味付けで、量も多くて困ってしまうので、
私は毎日デヴィさんのご飯を食べに、
食事の時はアパートに帰ってきてました。
ここで食べる物はお腹を壊す心配もなく、安心だし!



食後のデザート。
パパイヤとザクロ。

うん!おいしい〜!!!





夕食後、アパートの屋上スペースにヨガマットを敷いて、
夜空を見ながら横になりました。

もう、言葉無し!


「最高!」の一言のみ!!!


リシュケシュの夜の空気を吸いながらしばらくのんびり。。。





数日分溜まった洗濯物を手洗いし、シャワーを浴びて本日は終了。



携帯電話の電波がちゃんと入っているかのチェックをして、
日本でお留守番してくれているダンナさんに電話。



いよいよ明日から、リシュケシュでのヨガ生活が始まります!

おやすみなさい。



次回に続く。。。





zazie ai のホームページはこちら→


11:53 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.6( in ハリドワール)
さらに引き続きインド3日目。(2009年9月7日)晴れ。
ハリドワール。

念願のガンジス河の水にも触れられたので、
少しハリドワールのお土産物屋さん街を歩いてみます。



店の前の道路に巨大な穴が掘られたり、なんとも自由な感じ!
このよくわからない光景は日本では見られない。



ビーズのネックレスやブレスレット。
メディテーションにも使えるのかな。
交渉すればどんどん安くなるタイプのお店。



ブレスレットが山盛り!
手前のビニール袋に入った赤い粉はたぶん、
ヒンドゥー教の人達が眉間につける装飾の粉だと思います。

この装飾の事をビンディーと言うのかと思っていたけど、
既婚女性がシールで貼ったりする、
ファッション的なものが「ビンディー」、
性別・既婚/未婚問わずつけられている宗教的な意味合いの印は、
「ティラカ」というみたいです。

私がいろいろなお寺でつけてもらったのは、色やかたちも違ったので、
この「ティラカ」だったようです。



ハリドワールは聖地なので、
神々にまつわるお話の本が凄くたくさん売っていました。
絵本になっているので、ヒンズー語が読めたら
楽しく理解出来そうなのに。



こんなにかわいらしい神々の置き物。
台車に山盛りに積まれて置いてありました。
すごいカラフル!



サイクルリキシャーをつかまえて、
ランチに向かいます。
前に2人、後ろに2人で合計4人を一人のおじさんが引っ張ってくれました。

RAJさんが撮ってくれた写真。

私が後ろ向きに乗っています。
ビスやらナットやらがあちこち出っぱっているのに、
無理矢理後ろ向きの座席をつけてあるから、
ものすごい乗り心地悪い!
油断すると、背中にビスが突き刺さるから前のめりで耐えるしかない。

でも、後ろ向きに座ると、
子供の頃にバスや車の一番後ろで後から来る車に手を振ったりした事を
思い出しました。
ここでも、みんな日本人や外国人が珍しいみたいで、
笑顔&笑顔ばっかり。
楽しかった!



レストランでインドで初めてのラッシーを頼んでみます。
このお店のお味はまあまあかな。
結構ぬるいけど。

インドではシェイクとか頼んでも、
常温の不思議な飲み物が出て来る事が多くて、
本当にいちいち面白かったです!
冷たく出来ないなら、シェイクって言わなきゃいいのに・笑
インド人のRAJさんが毎回文句を言っていて面白かったです・爆笑!



みんなで頼んだカレーをちょこっともらいました。
美味しい!!
ベジタブル・カレーもいろんな味で飽きない。
野菜だけのカレーって変に甘いイメージがあったけど、
そんなことありませんでした。
いろんなスパイスを上手に組み合わせて、辛いのも濃厚なのもいろいろ。



ドライフルーツが入っている甘いナン「カブリナン」。
私が日本でよく見かけるのはレーズンとかが入ってるものだったけど、
このお店のは、本当にデザートみたい!
すごくいっぱい甘いフルーツがのっていて、
本当にカレーと食べるの?って感じ。



面白い物好きの私は、DOSAを頼んでみました。
中にスパイスの効いた具材が入っている、ガレットみたいなもの。
スパイスソースにつけたり、ヨーグルトみたいなソースにつけたりして、
いただきます。
野菜のクレープとかガレット好きだから、
これは結構お気に入り。



再びサイクルリキシャーに乗り込み、お寺に向かいます。

今度は前の座席だったから、汗ビッチョリで必死に自転車こぐのおじさんが。
ありがとう!頑張れー!



なにやら黄金の布やらを売っているお店を発見。
すごい豪華な配色。
これって、お寺に関係あるもののような気がします。
お寺に行く時に持って行くとか、そんな宗教的なものかな。きっと。


このお店みたいなすごいのじゃないけど、
お寺でお供えする「お供えセット一式」を購入して、準備万端。



ロープウェイで、山の上にあるマンサー・デーヴィー寺院へ向かいます。
ロープウェイ乗り場は、箱根のとあんまり変わらないかも・笑



下はすごく綺麗な緑がいっぱいで、だいぶ綺麗に整備されていました。

どんどんのぼれー!



ステキー!!!

ガンジス河を上から眺められました!
いくつかに枝分かれしているみたい。
なんか、まだこれがガンガーだって実感が湧かないな。



マンサー・デーヴィー寺院に着きました。

人がいっぱい!
いろいろ物も売ってる。
お寺の入り口で靴を脱いで、受付のようなところで預けます。




お寺に入る前に買っておいた「お供えセット一式」の中のものを、
お金と一緒に決まった場所で順番にお供えして、お祈りをしていきます。



名前を聞かれ、名前を答えると、
お祈りを唱えながら、眉間に印を押してくれます。
これはとっても厳かな気持ちになりました。


日本でもお寺が大好きな私は、
聖地のお寺の雰囲気に飲まれ、かなり胸が熱くなりました。
いいなぁ。こういう空気。
本当に大好き。


最後に、自分の中の良くないものを外に追い出してくれるという、
ミサンガのような黒い編み込んである紐をもらいました。
既婚者は左手首。未婚者は右手首に巻きます。

このときRAJさんが私が既婚者だと初めて知ったようで、
凄く驚いていておかしかったです。

インドは、未婚か既婚かによって、いろいろな事が違うので、
結婚しているかどうかを聞かれる事が多かったです。

インドでの結婚は基本的に、みんなお見合いで相手と出会い、
占星術で占って相性が悪いと、どんなに愛し合っていても、
結婚は出来ないようです。
宗教的な事が強いとほんとうに大変なんだなぁ。
日本では考えられないことがいっぱい。


次はいよいよリシュケシュに向かいます。


次回へ続く。。




zazie ai のホームページはこちら→




17:29 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.5( in ハリドワール)
引き続きインド3日目。(2009年9月7日)晴れ。
デリーから列車で北へ。
所要時間4時間半で、ヒンズー教の聖地・ハリドワール着。

ハリドワールの駅から、
TAXIに乗ってハリドワールのガンジス河に向かいます。



TAXIから見た外の風景。
屋台や、売店のようなお店がいっぱい。



ハリドワールでは、人が自転車をこいで引っ張る「リキシャー」が
たくさん走っていました。



巨大なシヴァ神。やっぱりシヴァはかっこいい!
ハリドワール駅前の顔だけみたいなシヴァはだいぶ笑えたけど、これは男前。

かなり大きい。何メートルくらいあるんだろう。



アクセサリー売りの屋台。
デリーでは小さいお店がある道とかあまり寄らなかったから、
こういう屋台を間近で見るのは初。
これぞ思い描いていたインドのイメージかも。



さすが、聖地というのかしら。
神のイラストがいっぱいのCDやら本やらカセットテープやらが
山盛りの屋台。
神様もアイドル並みの人気!?
ハリドワールでは、インドの神は本当にアイドルでした。
特にシヴァ神。みんな熱狂的ファン。


そしてそして・・・・・・




ついにお目見え!
これが夢にまで見た、聖河ガンガー(ガンジス河)です!

思っていたより横幅が狭い。
上流だからでしょう。

ハリドワールはデリーの北で、広大なインドで見ると、かなり北。
ガンガーの源流の聖地なので、ガンガーもまだそんなに大きくなく、
水も綺麗な上流なのです。

ガンガーの向こう側にさっき見た巨大なシヴァが。

聖河ガンガーの水源は、ヒマラヤに住むシヴァ神の髪から地上に流れ落ちた
水に始まると言われています。
そんな水源にほど近いハリドワールという地名は、
「シヴァの門」という意味。

私がこの旅でほとんどの期間滞在するYOGAの聖地・リシュケシュは、
ハリドワールより谷沿いにさかのぼる、さらに北の街。
ガンガーではさらに上流になります。
リシュケシュからさらにさらに北に向かうと、
ヒマラヤ山脈にあたるというわけです。

考えただけでわくわくする!!!!!




沐浴場に向かう通路をさらに歩いて進みます。
このあたりはとても綺麗に整備されてました。



見えた!ここが「ガート」。
沐浴する場所の事を言います。

インドでは人々が一生に一度は、この聖地ハリドワールに、
聖なる河ガンガーのガートに沐浴に来たいと思っていると
聞いた事があります。

インドは宗教もいろいろ混在しているから、
ヒンズー教の人々と言う意味だと思いますが。



ガートにはたくさんの人が訪れています。
見た感じ、ほとんどがインド人。



おおおーーー!!!!
みんな入ってる!入ってる!
全身水浸しになって入ってる!!!!
男性が多いでしょうか。

ちゃんと水に入りやすいように階段があります。

流されないようにつかまる鎖があちこちにあり、みんなそれにつかまって、
沐浴してます。



好奇心が抑えられなくなり、
念願のガンガーに入る事にしましたっ!
わーい!

とりあえず、恐る恐る裸足になって階段を下りてみる。
水冷たい!



水を両手ですくって、太陽にかざすのを3回行い・・・



手を合わせ合掌。
その後、両手で水をすくい、飲む。(私は飲むふりで・・)


という、ガンガーでの祈りを行ってみると、
外国人でガンガーに入り祈りをするのは珍しいみたいで、
(というか、外国人自体が珍しいらしい。)
さっきまで自分達だって沐浴してたインド人のギャラリー達が、
わーーーーーっと集まってきてしまいました・笑

何だ何だ!?この盛り上がりは!?

何だか、世界的有名人になったみたいな気分!
一緒に写真撮ってくれなどと頼まれる、頼まれる。。

私達日本人女子集団の異様なモテぶり(?)に、
RAJさんも笑ってました。



若いインド人の男の子達がカメラを持って追いかけてきて、
撮影しては、みんなでチェック。

俺にも見せろ。俺も一緒にとってくれ。
などと言い合っている様子。

こんなにモテたのは人生初めてだわ〜。
男の子達がこんなに積極的なのは、日本じゃ考えられない。

まるで女優気分だよね〜。楽しいかも〜。
などと言いながら、ガートを離れました。

まさか、聖地でこんな体験をするとは思わなかったな。

あー、でも、面白かった・笑。



この後、山の上のお寺に向かいます。

次回に続く。。



zazie ai のホームページはこちら→



14:16 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.4(デリー→ハリドワール)
インド3日目。(2009年9月7日)晴れ。

朝4:45起床。
今日はいよいよデリーからハリドワール、リシュケシュへと移動します。



デリーの駅を6:45に出発の電車に乗らなきゃいけないのに、
アシュラムに迎えに来るはずのTAXIが来ないーーーーーー!!!!!

初日に、空港まで来てくれた運転手のお兄ちゃんなんだけど、
絶対寝坊してる。。
絶対寝坊だ。

一緒にリシュケシュに向かうみんなで、イライラと緊張両方でひたすら待つ。

超ギリの時間で暴走してくるTAXI。
初日同様、驚くほど簡単なロープの縛り方で、
車の上にスーツケースを積み、出発。
運転手のお兄ちゃん的にもかなりギリギリらしく、
車の上のスーツケースが倒れて今にも落ちそうなのに、
車をかっ飛ばして駅へ。
インド人が急いでる。これは本当にマズいっぽい。
正直、生きた心地がしませんでした。。。

駅に到着して、スーツケースを運ぶ、
ポーターの男性達と値段交渉。
時間があまりにもないので、走らなきゃいけないからと、
ちょっとお高めの値段を要求される。

お買い物の時なら、
「そんなに高いなら無理だね。それならいらないわ。」とか
強く出られるけど、今は彼らだけが頼り。
交渉どころでは無いので、OKしてお願いする。



ダッシュッーーーー!!!!
インドの駅構内を、頭にスーツケースを積み重ねたポーター達がダッシュ!
この人達、首おかしくなっちゃうんじゃないの?

その後ろを私もひたすら走る!!

いったい、どこのホームなのー!?


ゼイゼイ言いながら階段を上っている最中、
後ろから、RAJさんの声で、

「これも、ヨガっ!!」と叫ぶ声が聞こえる。しかも日本語で。

思わず、吹き出し、苦笑しながらダッシュ。
こういうトラブルも修行ってことですかー?苦笑




この電車だー!
うぎゃー!
本当に間に合うのー!?



どの車両なんだー?
やばい。。置いてかれそうー。。
インド人がこんなに急いでるなんて。。。

ふーふーっ!
もう走れないよー!



でも、こんなトラブルも海外旅行の醍醐味だよねっ。
などと考えながら走った末、なんとかギリギリ間に合ったよう。
乗り込んで本当にすぐ列車は発車しました。

こんな風に、なんとかなっちゃうのもインドって感じ・笑




指定席の長距離を走る停車駅も少ない電車なのに、
ドアはずっと開きっぱなし。
開きっぱなしなら、なぜドアが付いているのか?などと考えてしまう。。



電車の中はこんな感じ。
このままハリドワールに向かいます。



しばらくすると、TEAパック、ビスケット、キャンディーなどの、
ちょっとしたお菓子セットが運ばれてきました。



かわいらしい紙袋にTEAパックと粉のミルク、お砂糖のセット。
これでお手軽チャイが出来るってことでしょう。



一人一つ、お湯の入ったポットが運ばれ、お茶セット完了。
早朝起きたから空腹の胃に温かいミルクティーがしみました。



こちらが、電車の朝食プレート。
やっぱりカレー。
ベジタリアンのものをオーダー。
イメージは飛行機の機内食とあまりかわらない感じですね。
電車でも駅弁とかじゃないんだね〜。
ライスは無しの、パンが3種類。
ドーナッツみたいなのはチーズっぽい味で美味しかったけど、重い!



食後にはパックのマンゴージュース。
結構、豪華な朝食。
マンゴージュースは、リシュケシュで生活が始まってから、
小腹がすいた時に飲もうと、取っておく。



食べたりうとうとしたりお喋りしたりしている間に、
無事、11:15ハリドワール到着。



6:45デリー発だったから、所要時間は4時間半。
車だと、6時間半くらいだし、ゆっくり朝食やお茶が飲めたから、
電車で正解!



駅のホームでも、やっぱり人が座ってる。
みんな電車待ってるのかな。
インドの電車は時間通りなのかしら?
私達が乗った電車は時間通り出発したけど。



駅構内のちょっとした空きスペースにも人がゴロゴロ。
ハリドワールはヒンズー教の聖地だけど、
やっぱり駅とかはこんな感じなのね。
こういうのもだんだん見慣れてきた。
ほんと、みんな座るを通り越して、ゴロゴロしちゃうんだから凄い。
まあ、暑いけどね。



駅の外に出たら、巨大なシヴァが。
これちょっと凄いね。
聖地なのに、笑える系のシヴァが最初に出て来るとは思いませんでした。


バタバタした午前中を終え、
ここから、いよいよ初めてのガンガー(ガンジス河)に向かって移動します。

次回に続く。。



zazie ai のホームページはこちら→





11:03 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.3(in デリー)
デリー2日目後半。(2009年9月6日)晴れ。
(なかなか進まなくてごめんなさいねぇ)


ガンジーのお墓の敷地を出ると、外には屋台のお店が。



ココナッツジュースを売っている屋台。
小学生の頃、タイのバンコクに行った時、
屋台のココナッツジュースを飲んで、
当時、口に入れられないほど嫌いなものが無かった私にとって、
初めて「まずい!」と思った飲み物だった記憶が蘇りました。
その後飲んでいないので、試してみたかったけど、
こんな最初からお腹を壊したくないので、とりあえず笑顔で退散。



インドに多いと言われている野良犬に遭遇。
食べ物狙ってる狙ってる。

インドの犬って頭が小さくて目がかわいい綺麗な顔した子が多いけど、
やっぱり狂犬病が怖いから出来るだけ目を合わせいようにしていました。
お猿も同じ。


タクシーでオールドデリーへ。
ラール・キラー(別名:レッド・フォード)付近へ。



デコトラ発見!!(デコじゃないか??)
おおー!笑



「ムガル帝国のパワーを誇る赤い城」と呼ばれるレッド・フォードの外観。
こちらも前知識無しで、ちょっと残念。

デリーに着いて、まだ街中をタクシーでしか歩いていなかったので、
オールドデリー辺りで初めて徒歩で歩いてみると、
観光地でも歩いているのはインド人ばっかり。

それに、なんとなくインド人は、
男性同士は友達グループなどを見かけるけれど、
女性は家族か親子しか見かけないように思いました。

女性グループは見当たらず。
もちろん、単独女性や若いカップルなどは全然いない!
たまたま?
男性の方が自由に外出しているイメージがありました。

日本だったらどこに行っても女性グループの方が断然多いのに!
文化の違い。ちょっと面白い。



巨大なラーホール門。



レッド・フォードの中は、見るからにお金持ちっぽいサリーを纏った、
女性達がたくさん!こちらも富豪ファミリーで観光地に来たって感じ。
こっちみてる男の子が面白い。
インドって、写真を撮ろうと思うと、こっち見てる人が多いから
面白い・笑
日本だったら目をそらすでしょ〜。



行列して観光に来てる人々。



この敷地も芝生が青々として綺麗。
そして、寝転ぶ男達。



いたー!初めて遭遇!インドのババ (BABA)!
と思いきや、フェイク!
ババとはインドでオレンジの服を着ている修行僧のはずなんだけど、
この人は見るからにフェイク!サングラスしてるし!
面白いから写真撮っちゃった。フェイクババも笑ってた。

この後、ずっと滞在したリシュケシュでもババはほぼみんなフェイクでした。
これも不思議。
みんな修行してるんじゃなくて、何もしないだけ・苦笑




フェイクババの後のご紹介も申し訳ないけど、
こちらが我らがRAJさん!

ほぼ無理矢理立たせて撮った写真。

私にアイアンガーヨガを教えてくれたヨガの先生であり、
インド生活、お世話になりっぱなしだった、
リシュケシュ生まれ・リシュケシュ育ちのナイスガイ!
私より年下でまだお若いのです。




生後15日目だという赤ちゃんを嬉しそうに
見せびらかしていたお父さん。
この子を産んだお母さんも近くにいたけど、
インドでは産後こんなに早くお母さんや赤ちゃんは外出しては、
いけないらしい。。
宗教的にもNGのはず。。
日本も一ヶ月位はお家でおとなしくしているでしょう。
みんなかなりビックリしていました。
お父さんは終始笑顔だったけど。。



レッドフォードの外で売っていたパイナップル。
見た目、缶詰かと思うくらいに熟していて、
ものすごい甘い香りが漂って美味しそう〜。じゅる〜。
でも見るからに危険な感じが。。

ここで屋台のモノを食べてしまっては、
最悪、ヨガが出来ないまま帰国の可能性も!?
屋台のものはたとえフルーツでもやめておこう。
心を鬼にして通過。。



トマトとナッツ類をきれいに積み上げて売っている屋台。
すごく綺麗にディスプレイしてあるな〜と思ったけど、
そのまま通過。




TAXI待ち。
オールドデリーあたりは、デリーの中でもわりと治安が悪い方らしくて、
バックはしっかり両手で抱えてました。
まだインドに入国したばかりということもあり、
かなりビビリ。
リキシャーもびゅんびゅん走ってる。



遅めのランチは、RAJさんが連れて行ってくれたインド料理レストラン。
その名も「GREEN CHILLI」。



食前にインド初めてのチャイ。
インド嫌いのうちのダンナさんもチャイとカレーは美味しかった!と
言っていたけど、こちらのお店のチャイも美味しかったです。
喉が渇いて、メニューが読めなかったらチャイを飲もうっと。

カップ&ソーサーが唐辛子のイラストなのが笑える。



インドのお米は本当にパラパラ。
お米好きの人は物足りなくなっちゃうかもね。

ナンも日本のインド料理屋さんのように、
ふっくら・モチモチはしていませんでした。

日本で出て来るナンはインド人に言わせると、ナンじゃ無い!らしい。
私はすごく好きだけど。



私が注文した、「SIZZLER」(シズラー)という鉄板焼きのような
ベジタリアンのお料理。

見た目はハンバーグのようですが、お肉は一切使ってません。
アツアツで、写真も真っ白!

お味は、お好み焼きに違うあんかけソースがかかったような、
何とも不思議な食べ物。
↑分かりにくいようで、本当にこんな味でした。
特に辛さはありません。

凄く美味しかった〜!!!!!



ランチの後、ショッピングなど楽しんで、
アシュラムに戻りました。
日本でミニワンピとして使えそうなかわいいトップスと、
レギンス風パンツとストールを購入。
これでインド生活で現地のオシャレを楽しめる〜♪



アシュラムでの夕食。
今日は、もう普通の夕食に戻っているはず。
昨日は頼み過ぎて残してしまったので、
今日はよそってもらう時に伝えないと!



薄味で、質素な食事が、私の口にはすごく合う〜!
家庭的な感じ。
遅めのランチでお腹がまだいっぱいなので、
少なめに。
プレート左上の梅干しみたいな味のピクルスみたいなのが面白かった。
かなりしょっぱい。これはダメな人は全然ダメだろうな〜。


デリー2日目は、儀式から始まり、観光・ショッピングと、
まだヨガは出来ず。
明日はいよいよ聖地ハリドワールに寄って、
ヨガの聖地リシュケシュに向かいます!

朝6:45初の電車に乗るから、早く寝ないと。

また次回に続きます。。



zazie ai のホームページはこちら→





17:01 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.2(in デリー)
デリー2日目の朝。(2009年9月6日)晴れ。

今日は、大都市であるデリーを観光してみる日。

朝5:30起床。時差は日本の方が3時間半早いので、
時差ボケで早い時間でも気分はスッキリ起きてしまう。



朝のオーロビンド・アシュラム内。
本当に綺麗な建物のアシュラム。



宿泊施設の外観。
9月のインドは、雨期が終わった後で、
緑がすごく鮮やかで綺麗な季節だそう。



今日は日曜日で、朝のヨガクラス以外に、月に2回行われるという、
「特別な儀式」があると聞き、
せっかくなので朝6:30からの儀式に出席することに。
ヨガは今日はお預け。



「健康を祈って神と契約する」という意味の儀式で、
マンゴーの木をチップ状にしたものを、
みんなが丸く囲んで座った中央に置かれた火の中に投じる。

マントラを唱え、最後に「スワーハッ」と唱えながら、
ひとさし指を使わずにマンゴー・チップをつかみ、火に投げ入れる。
これを数珠でカウントして、108回行う。
108回はヒンズー教でとても意味のある数で、マントラを唱えるときは、
108回唱える事が多いとは知っていたけど、
実際やってみると、途中からその雰囲気に入り込んで、
とても気持ちよくなってきた。

私は聞いた事が無いマントラだったので、なんとなく聞きながら、
最後の「スワーハッ」だけを唱えてみる。
インド滞在中にマントラ覚えたいな〜。
スラスラ唱えられるようになりたいと思う。




儀式の最後に甘いツブツブした穀物のスイーツのようなものが配られ、
食べて終了。
これが、見た目と違って熱い!



朝食もアシュラムの食堂で。
プレートを持って並ぶと、係の人達が、よそってくれる。



食堂内の中庭を眺めながら朝食。
今朝も昨日の夕食と同じように少し油っぽい。
第一日曜日で特別で、少し豪華らしい。



自分の食べた食器を洗う流しにみんなで並んでゴシゴシ。
水がとても貴重なので、出しっ放しは厳禁!
まわりをキョロキョロしながら、恐る恐る洗っていたら、
隣に居たインドの人が手際良く洗う方法を教えてくれました。
こんなちょっとした事がとっても優しく感じる〜。



デリー観光出発!
インドに観光目的で来た訳ではないから、
何も下調べして来なかった為、前知識無し。。



まずは「クトゥブミナール」。
インドで一番高いと言われる石塔で、世界遺産に登録されています。



アップで見るとこんな感じ。
とても綺麗に作られていて、失礼かもしれないけど、意外な感じ。



まわりの建造物も。



世界遺産に登録されている観光地だけあって、入場料も結構高く、
敷地内の芝生はすごく綺麗に整備されていました。
混沌としたデリーの市内を考えるとかなり綺麗。



建築途中でストップされ放置されている建物。
管理されているところと、放置されているところの差が激しくて面白い。



壁に刻まれているものはどれもとてもステキでした。
読めないから分からないけど、文字なのでしょう。


TAXIで移動。



途中、ロータスの形をした近代的な建物を発見!
どんどん発展しているインドを感じます。



ガンジーのお墓を見に。
まわりに灯してある炎は、ガンジーが亡くなってから
一度も消えた事の無いという火。



炎天下の中、とてもたくさんの人が訪れていました。
このお墓に繋がる通路は、裸足にならなくちゃいけないんだけど、
太陽の熱でものすごく熱くなってしまった地面に、
軟弱な私の足の裏は本気で火傷しそうで、
熱さから逃れようとピョコピョコ変な歩き方をしていたら、
インド人の人に笑われちゃった・笑

ガンジーのお墓のまわりも本当に綺麗に整備された敷地でした。

写真を見ると、私が廻ったデリーは
綺麗に整備されているところばかりだなぁ。

ちょっと長くなってきたので、この日の後半はまた次回。。




zazie ai のホームページはこちら→


13:19 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インド・ヨガ修行記 vol.1(in デリー)
インドより帰国してちょっと忙しくしていましたが、
だいぶ落ち着いてきたので、
そろそろインド・ヨガ修行記を始めたいと思います!

全体を通して旅行というより、ヨガをして、「生活」していたという感じで、
どんな風に書いて行こうか、写真を眺めていても全然決まらないので、
まあ、臨機応変に書いていこうかと。。
2週間とそんなに長い期間ではありませんでしたが、
書こうとすると、結構量が。。
気長に記していきますので、のんびり見て行って下さい。


今回のインドは、目的は完全に「ヨガを勉強しに行く」ことでした。
なのに、おわかりかもしれませんが、

ヨガをしている写真が全くありません!

でも、インドは初めて訪れる国だし、日本での日常と違う事が
本当にたくさんあったので、そちらも書いていけたらいいなと思っています。

そして、あまりマニアックにならないように・笑



日本出国(2009年9月5日/成田発)晴れ。



初めてのエア・インディア。
機内食が美味しいという話を信じて!
久しぶりに一人で乗る国際線。
昔のようにドキドキしないのが自分でもちょっと残念。



出発早々から、ボロ飛行機にあたり、かなり凹みました。。
座席にテレビモニターはなく、8時間半のフライトで映画を楽しむ事は無理と決定。
時間も朝出発の夕方着の昼間のフライトなので、眠る事も出来ずかなりヒマ。

この飛行機のすごかったのは、トイレが機内の中央の階段を下りた
地下スペースにまとまっていること。
普通は前後中央と3ヶ所くらいに点在していると思うけど。
すごい行列するし、半分も飛ばないうちにトイレットペーパーも無くなり、
洗面台は水が流れずあふれていました。。
今考えるとインド国内より、この飛行機の方がいろいろショックだったかも。。



滞在2週間は、完全ベジ食生活にノンアルコールの生活なので、
最後に一杯飲んでしまおうかしら〜♪と
よこしまな考えから、白ワインをオーダーしてみたら、
明らかに何かのラベルが剥がされたお古のようなボトルで出て来ました!
すごい。。ここってまだ飛行機の中だよね??



ひたすら読書をして、念願の遅めランチ。
チキンカレーがメインですごく美味しかった!まだベジではありません。
不思議な白い甘いリゾットみたいなのは、う〜ん。。

とにかく読書、ひたすら読書の末、
17:00 インディラ・ガンディー空港着。



インドは外国人の入国時に新型インフルエンザの検疫が厳しくて、
サーモグラフィーが設置されてました。



今回私が前半一週間、リシュケシュでアイアンガー・ヨガを教えて頂き、
それ以外にもいろいろとお世話になった、
RAJさんとパートナーのYUKAKOさんが空港まで迎えに来て下さいました。
有り難い事です!

リシュケシュで一緒のアパートで生活を共にする、
日本でヨガインストラクターをやっている方達とも合流。

出発前に、一人でインドに行くと言って、いろいろな人に心配されましたが、
デリーの空港からさっそく仲間が増えました!

インドは移動する時にトラブルに巻き込まれるから気をつけるように
言われていたので、これで心強い♪



TAXIの屋根に縦にスーツケースを立てて並べ、
すごく細ーい紐一本で固定。
かなりかなり心細い積み方。。
念には念をの日本人の感覚も極端かもしれないけど、このインド人の感覚も
真逆な感じで、理解しがたい。。
最初は興奮して写真を撮ったりしていたけど、だんだん笑えない不安が。。

TAXI走行中にこのスーツケースは斜めに倒れ、
隣を走っている車や、歩行者に「荷物ヤバイよっ!」的なことを何度も言われました。
運転手のお兄ちゃんは窓から出した片手で荷物をおさえてたけど、
その手、意味ないでしょ!?

TAXIで夕暮れの中、オーロビンド・アシュラムに向かいました。
これからデリーでの2泊をお世話になるアシュラムです。

アシュラムとは「ヨガ道場」のようなところ。
宿泊施設があり、食堂ではお食事も食べさせてくれます。



部屋は一人部屋で予約しておいたはずが、二人部屋に。
最初から一人部屋なんて贅沢!と思っていたので、もちろん問題無し!

部屋はすごく綺麗で、ベットもすごく寝やすそうで、
正直、ちょっと驚きました。
臭くもない。虫もアリの行列以外は無し。
気温32℃くらいで暑すぎもせず、
天井にファンがついてるから、かなり涼しくて快適!
窓を開けて寝てちょうどいい感じ。

ただ、シャワーだけがお湯が出ず水でした。
でも、これも寒くないから気持ちが良いくらい問題無し。



アシュラムの食堂でディナー。
ここで初めて他の滞在者の人達と会いました。
アシュラムの中は、黒い洋服がNGだとか、大声を出さないようにだとか、
結構お堅い感じなのかと思いきや、人々は割とユルい感じ?
なんか、安心したかも〜。
インド人はもちろん、世界中のヨガ修行者が来ている感じでした。



食堂では、給食のように列になって並び、
順番にカレーなどをよそってもらいます。

今夜のディナーは何か特別な土曜日の夜だったらしく、
いつもよりかなり贅沢なメニューだったようです。
カレーの種類も多く、チャパティー以外に揚げたパンみたいなのと、
ライスも付いている。デザートにアイスクリームまで!!!
想像以上に量が多くて、かなり残してしまいました。。ごめんなさい。
(だって、写真の↑これで一人前ですよ!?)
次回からは、少なめによそってもらおう。

後でいろいろ食べたけど、この初日のアシュラムでの夕食が、
一番美味しかったかもしれません!

「これならベジタリアン全然やっていける!」って本気で思った。

本当に美味しかったです!



食べ終わった後の食器は、各自流しで洗います。
その後、もうびしょびしょになっている共同の布巾でゴシゴシ拭きます。
もしかしたら同じプレートを次に自分が使うかもしれないと思うと、
なんとなく念入りにゴシゴシ。
そして、専用の棚に戻します。
次回の食事はこの棚からまた順番に食器を取ります。



食後、お腹も一杯になったので、
アシュラムの敷地内をお散歩しながら、今年完成したばかりだという、
「瞑想ホール」へ。
24時間開いていて、いつでも好きな時に瞑想できます。



瞑想ホールの外には、瞑想を深める為に祈る石のようなものが。



このように石におでこをつけて祈ります。
石のまわりにお花が飾ってあって、顔を近づけた時、ちょうど鼻もとにきて
すごくいい香り!
とても神秘的でした。



瞑想ホールの中へ。
手前にオーロビンドさんの写真が飾られていました。
奥が「 お母さん」と呼ばれている、オーロビンドさんの一番弟子の女性の写真。
オーロビンドさんはガンジーにも影響力を与えた方だそうです。

ホールの中で、暫く座って瞑想。
すごく心地よくて、時間を忘れてしまいそうでした。
建ったばかりだから、すごく綺麗だし、こんなところが近くにあったらいいなぁ。


初日は、水のシャワーを浴びて就寝。
おやすみなさい〜。




zazie ai のホームページはこちら→
15:03 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インドより帰国しました!


昨日、インドより帰国しました。

一言で言ったら、「思っていた以上に楽しかった!」
楽し過ぎて、帰りのフライトを日程変更して、
2日間だけだけど期間を延ばしてしまったくらいです!

雨期は終わったはずなのに3日間連日大雨が降ったら、
いつも静かなガンジス河が
ものすごく増水して恐ろしい河になってしまったり、

40℃の謎の高熱を出して寝込んだのに、
インドの薬を飲んだらあっという間に熱が下がったり、

高熱を出した時、ポカリとお茶づけの素の有り難みを、
死ぬほど思い知って、永谷園に心から感謝したり、

朝5:30起きでYOGAから一日が始まり、
気が付いたら一日5時間くらいヨガをしていたり、

アーユルヴェーダ食の食事をしていたら、
驚くほど身体の調子が良かったり、

出会ったインド人の人達が優しくて、楽しくて、良い人ばかりで、
インド人が大好きになったり、

とにかく、日本での日常とは全然違った
私のインドは、行く前に考えていた
数十倍楽しいものでした。

また旅行記書くので、見て下さいね。


昨日の朝、成田に帰国したんだけど、
立川でダンナさんが昼間からイベントDJの仕事が入っていて、
なんだか勢いでスーツケース引きずって、
立川のイベント会場に行ってしまいました。

(リシュケシュからタクシーで7時間半かけてデリーの空港に行き、
4時間待って、8時間半のフライトの後、朝9時半成田着。
成田からリムジンバスで2時間かけて立川へ。頑張った!)

ハワイアンのイベントなのに、
ブラジル音楽をかけていたダンナさんに再会したら、
「なんかスパイス臭い」と言われ、
急に日本に帰って来たと実感しました・笑
11:11 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
明日からインド!
いよいよ明日から、インドに行ってきます。



普通のヨガマットを持って行くのはちょっと大変なので、
A4サイズに折り畳める薄いヨガマットも購入しました!

これで、どこに行ってもマイ・スペースを確保できます。

海外で通じる携帯も買ったし。
果たしてリシュケシュは通じるのか。

完全ベジ食・ノンアルコールの街であるヨガの聖地リシュケシュは、
私をどんな風に変えてくれるのでしょう。

インドが私を呼んでいる!
この高ぶった気持ちを抑えに、行ってきます!

(ご注文頂いている方、大変ご迷惑をおかけします。
 9月17日に帰国しますので、宜しくお願い致します。)


zazie ai のホームページはこちら→


16:05 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
インドのリシュケシュにヨガ修行に行ってきます!
9月の不在のお知らせです。



9月5日〜9月17日までの2週間、
インド滞在の為、不在になります。
ご注文頂いているお客様には、納品が遅れるなど、
大変ご迷惑をおかけしますが、
どうぞ宜しくお願い致します。


今回のインドは、私がここ5年ほど行く事をずっと夢見ていた、
リシュケシュというヨガの聖地に滞在して、2週間みっちり
ヨガ修行してきます!

ヨガについての日記は、このBLOGで過去一回しか書いていないです。
7年続けているヨガですが、
私にとってヨガは、特別であり、日常であり、
BLOGに書いて、人に共感してもらうこととは何かが違うような、
不思議な存在だから、なんとなく書かずに来てしまいました。

「一人でインドにヨガ修行に行きたい」というわがままな願いを、
快く承諾してくれたダンナさんを日本に残して、
たった2週間という期間ですが、
今しか行けない!と思い立ったこのタイミングを大切に、
インドの空気を思いっきり吸って来ようと思います。

行った人は「何度でも行きたい!」と
「もう、二度と行きたくない!」に別れるというインド。

私のインドはどうなるか分からないけど、
大好きなヨガをもっと知るには、
やっぱり本場の聖地に行かなくては。。

出発まであと10日。

デリーのアシュラムに一泊。
聖地ハリドワールをちょこっと覗いて、
あとはガンジス川の上流にあるヨガの聖地・リシュケシュに籠ります。

ビザも申請してちゃんと取れました。
携帯も、海外で使える機種にかえました。

あー。ドキドキ。。


前回まで、NYC旅行記を必死に書いたのは、
次の旅であるこのインドが決まってしまったから。
インド行ったらニューヨークは薄らいでしまうと思ったのです。

インドについて、ヨガについて、リシュケシュについて
情報があったら是非お知らせください!



zazie ai のホームページはこちら→




22:51 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
1/1PAGES