zazie ai アクセサリー新作情報 * YOGAレッスン情報*ベビーマッサージレッスン情報 * ハンドメイド&子育て&日々のことなど。。
<< 〈ご報告〉ピアス・金属アレルギー用パーツ始めます | main | インド・ヨガ修行記 vol.12(シヴァナンダ・アシュラム) >>
インド・ヨガ修行記 vol.11(アーユルヴェーダ・シロダーラ体験)
のんびり進んでおりますインドのヨガ修行記。
このままのペースだと、のんびり書いているうちに
年越しになってしまいそうですが、どうぞお付き合い下さいませ。
どうしても、しっかり思い出として刻んでおきたいのです。。

さてさて、
いよいよインド8日目。(2009年9月12日)リシュケシュ。晴れ。

夜中、なんだかよく眠れず3:00頃からウトウトしたり起きたりの繰り返し。
実は、帰りのフライトを延期する希望を航空会社に出しているのですが、
まだ返事が無く、帰りの日程が決まらないため、不安なのです。

私はいつまでインドに滞在出来るのか・・・。

6:00起床。
帰りの日程が決まらないからこそ、やりたい事を出来るだけ早く
体験してしまおう!ということで、
今日は、アーユルヴェーダのシロダーラと全身オイルマッサージを
体験する事に。

7:30 朝のチャンティングクラスに出席。
インドに来たからには、どうしても覚えたかったマントラを携帯に録音する。
リシュケシュに着いて、毎日暇さえあれば頭の中や口に出して
唱えているから、なかなか忘れないだろうとは思うけど、
RAJの声でネイティブの発音を聞いた方が絶対いい。

引き続きYOGAアーサナのクラス(TTC)に出席。
RAJのYOGAに参加出来るのも今日まで。

アシュラムのクラスなんかと違って、基礎の基礎から、
こんなの聞いていいの?っていうような恥ずかしい事まで、
質問させてもらえて、ちゃんと答えてくれて、本当に勉強になりました。
RAJ&YUKAKOさん本当にありがとう!!!



11:00過ぎにブランチ。
今日のブランチは、味付けが濃くなって、具の量も増えて美味しかった!
やっぱり私が高熱出して寝込んだから、気を遣って病人食に変えてくれてたのかな?



午後一番でアーユルヴェーダのマッサージを受けられる事に。
滞在していたアパートのすぐ下にある、Great Ganga Hotel のSPA。

SPAはガンガーが見下ろせるHotel最上階。
贅沢〜。

全身マッサージとシロダーラ両方受けるのに、ホテル価格で高かったけど、
早く受けておかないと、帰りのフライトが延期出来なかった時に
絶対後悔するよね〜と奮発して決めてしまう。



シロダーラは、温かいOILがおでこを流れる感じがリラックス出来て、
気持ちよくて、やって良かった!半分眠りの世界に。。。
アーユルヴェーダのドクターにも、シロダーラはリラックス効果があるから、
私はやった方が良いと言われていたし。

このSPAのシロダーラは35分間ゴマ油をおでこに
流しっぱなしにしてくれるので、かなり贅沢。
これなら、高いお値段も納得でした。

全身OILマッサージは、アロマオイルのマッサージに比べちゃうと、
良い香りがする訳でもないから、(ゴマ油の香りだから・・・)
こんなもんかな〜という感じ。
ひたすらゴマ油まみれになって、むしろちょっと不思議な気持ちに。。。

まあ、シロダーラが良かったから、◎としましょう!

マッサージ・シロダーラが終わった後は、
カプセル型のシャワールームみたいなところに入って、
スチームに5分間くらい入ってからシャワーを浴びて終了。

今回は、ドーシャを伝えなかったから、ごま油の中にハーブなんかは
入っていなかったみたいだけど、自分に合うハーブが入っていたら、
もっと良かったのかしら?
次回やるときは、聞いてみようっと。



アパートに帰って、もう一度全身を自分のボディーソープで
ゴシゴシしっかり洗って気分もさっぱり。

今日は、夕方シヴァナンダ・アシュラムのYOGAアーサナに参加するから、
それまで、一人でリシュケシュを探検する事に!!

旅先、滞在先での一人歩きが大好きな私♪♪
それに、リシュケシュに来て、初めてすごくお天気に恵まれた日。
お散歩には最高!



中央に見えるのが、私のアパートの門を守ってくれている守衛さん。
いつも笑顔で挨拶してくれて、いろいろ話しかけてくれる陽気な人。



アパートの裏口はこんな感じ。
いつもここから出入りしてました。
それにしても綺麗な建物。



いつも通っていた急な坂道。
アパートを出てからすぐにガンガーが見下ろせる高台だから、
急な坂道を上ったり降りたり、汗が噴き出す道。



白いトンネルみたいで好きだった道。
いつも鳩がいっぱい壁にへばりついていて、
うんちを落とされないように気をつけてました・苦笑



すごくお世話になった宝石屋さん。
日本円でも支払いが出来るすごいお店。
私のお守りのパールネックレスを作ってくれたりした、インドでは高級なお店。
イケメンのお兄さんが優しく対応してくれました。
次回またリシュケシュに行ったら、絶対お世話になるだろうなぁ。



近くの船着き場から見えるラム・ジュラーの橋。
ここをいったい何回往復したのか?っていうくらい、
一日に何度も歩いた橋。



ナッツが山盛り。道ばたのお店。



ラム・ジュラーの橋入り口。
こんな細い橋なのに、バイクもぶんぶん走ります。
そして、凶暴なお猿がいっぱい!
いつもいつも、お猿だけは怖かった!最後まで慣れられなかったー。

この時間はなんだか橋が混んでいて、入り口で人々が立ち往生。



橋の途中から見たガート(沐浴場)。
私も何回か、ここでアクセサリーを清めたりしました。



ラム・ジュラーの橋の反対側からの眺め。
ガンガーを渡るには、この橋と、もう一つ少し北にあるラクシュマン・ジュラーの
二つの橋を歩いて渡ります。

すごくよく歩いたから、とっても愛着があります。



ラム・ジュラーの橋を渡ってから、ラクシュマン・ジュラーの方へ向かう
田舎道が、のどかですごく大好きでした。
この日は、この道初体験。
お天気も良いし、緑いっぱいののどかな道を歩いていたら、
マントラを思わず口ずさむ。



空がすごく蒼くて嬉しい!!!!

一人のお散歩は、写真を好きなだけ撮りながら進む。



ラクシュマン・ジュラーの橋のちょっと手前のチベットのお店をのぞいたら、
なんとなく親しみのある顔立ちの女性が店主。
商品を見ていたら、私がずっと欲しかった、「ティンシャ」があった!

女の人にも何だか親しみを感じるし、是非ここで買おう。

値段交渉が苦手で、ちょっとしか値切れなかったけど、
ティンシャに刻印されている模様(チベットの文字?文様?)のマントラと、
このティンシャの意味をお店の女性が親切に教えてくれた。

マントラは、「OM MA ME PATH MAI HOO」

「ハピネス・マントラ」だと言っていた。

「すべての生き物が幸せになりますように・・・」という事らしい。

なんて素敵なマントラ!!!!

チベットの女の人は日本人と雰囲気や醸し出すオーラが似ている気がして、
英語で会話をしているんだけど、日本語で話しているみたいに、
調和出来る気がした。
なんだか、親戚同士みたいに親しみが湧いたし。
すごく優しい店主の女性で思い出のお店。


さらに歩いて、ラクシュマン・ジュラーの橋まで歩いて、
ふと、時計を見たら、そろそろシヴァナンダ・アシュラムに向かわなくては
夕方のYOGAアーサナのクラスに間に合わない!

小走りでもと来た道を戻る。


次回は、夢にまで見たシヴァナンダ・アシュラムのYOGAアーサナクラスに
いよいよ出席!
何年もずっと夢だったアシュラムでのYOGA体験。ドキドキ。


次回に続く。。



zazie ai のホームページはこちら→

22:35 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
COMMENT