zazie ai アクセサリー新作情報 * YOGAレッスン情報*ベビーマッサージレッスン情報 * ハンドメイド&子育て&日々のことなど。。
<< インド・ヨガ修行記 vol.11(アーユルヴェーダ・シロダーラ体験) | main | ライブペイントイベント@表参道 >>
インド・ヨガ修行記 vol.12(シヴァナンダ・アシュラム)
引き続き、インド8日目。(2009年9月12日)リシュケシュ。晴れ。

いよいよ、リシュケシュに来たら絶対YOGAレッスンを受けたいと
思っていた、念願のシヴァナンダ・アシュラムに行く!

飛び入りで参加出来る女性だけのYOGAアサーナのクラスが、
16:30か17:00スタートだと聞いたので、
16:00にシヴァナンダ・アシュラム着くようにと、小走りで
ラクシュマン・ジュラーから戻ります。



途中、ガンガー沿いにあったYOGAクラスの看板。
アシュラム以外でも、至る所にこんな感じでレッスンを受けられるスタジオがあります。
今回、こんな風にフラリと誰からの情報もないスタジオにも
飛び込んでみようかとも思いましたが、なかなか勇気が出ず、
無謀なことは避けました。
日本でもなかなか出来ないからしかたないよね。。



なんかかわいい看板。
このイラスト、結構ツボかも・笑



無事に16:00前にシヴァナンダ・アシュラムに着いたけど、
前に一回下見に行ったにもかかわらず、持ち前の方向音痴で、
アシュラムの敷地内を右往左往・・・。
アシュラム内に居るいろんな人に場所を聞きまくり、
「あっちだ」「こっちだ」とインド人独特の
「知らなくても、かわいそうだから当てずっぽうを教えちゃう」にかかって、
ますます迷うも、ようやくスタジオに到着。

たまたま、東洋人の女の子がスタジオが開くのを待っていたので、
ちらちら見ていたら、日本人の女の子で、私に話しかけてくれました。
ヨガ・ニケタンに宿泊している子で、ヨガ・ニケタンのYOGAもいいけど、
シヴァナンダのこのクラスも気に入ったから、何度か来ていると
言っていました。

東京から来ている子で、
私同様一人でYOGAをしにリシュケシュに来ていると聞き、
話やすい子だし、友達になれるかも!と思ったけど、
レッスンが終わったらすぐに消えてしまった・・・。
(この後、狭い街であるリシュケシュでは、この子と何度か遭遇し、
 お互い、良いらしいと聞いたヨガスタジオの情報交換をしたりしたんだけど、
 結局、日本での連絡先を聞くほど仲良くなれず。残念。)

シヴァナンダのこのクラスは、すごい人気があるのかと思っていたけど、
来ていたのは外国人が多く8人くらいと、意外に少人数。

このクラスは女性専用で、その他、男性専用クラスが朝。
インド人しか受けられないクラス、
シヴァナンダに滞在している人しか受けられないクラスなど、
いろいろあるみたいでした。

先生は、前にNHKの番組で見た、冷たい感じの女性でした。

スタジオは、ガンガーが目の前に広がる、
すごく贅沢な立地で、ガンガーを正面に見ながらYOGAが出来ます。
すごく綺麗なスタジオで、借りられるマットもとっても綺麗。
残念ながら、スタジオの写真は撮らせてもらえず。
神聖な場所という事かしら。


アーサナは2時間と長め。

前半にヘッドスタンドがあり、ちょっとびっくりしました。
後で聞いたら、「シヴァナンダはヘッドスタンドから入る」って
ちょっと有名みたいです。

先生は唄うように誘導していく感じ。
この唄のような誘導は、ガンガーを見ながらYOGAをするのは、
すごく気持ちよかったです。

でも、ポーズの直し方は、先生が足で足払いみたいに冷たい感じで行うので、
ちょっと悲しい気持ちになりました。。
先生と生徒の上下関係がすごくある気がしました。

私が期待し過ぎてたのかなぁ。

シヴァナンダは、毎日同じシークエンスをすべての先生が同じようにやるようです。
後で聞いたら、シヴァナンダは好き嫌いがすごく別れるみたい。
私のも、いろいろなポーズに毎回挑戦したいタイプだし、
この先生の冷たい感じがどうも苦手で、
あんなに楽しみにしていたのに、ちょっと合わなかったかも。

レッスン終了後、ドネーションBOXにお金を入れて終了です。

私の貴重なシヴァナンダ初体験はかなりの緊張感で終わりました。

あんなに憧れていたのに、結局この一回限りしかシヴァナンダのクラスは
参加したくならなかったので、やっぱり私には合わなかったようです。



それでも、貴重なアシュラム体験が出来た事で、
気分はウキウキ!
夕日を見ながらアパートに帰ります。



この日の夕食は、外食。
アパートのすぐ下のGreat Ganga Hotelで頂きました。

インドですっかりハマってしまったビンディー・マサラ(オクラのカレー)を注文。
デリーのアシュラムで初日に食べてから、大好物に。
インドのオクラはすごく大きくて、美味しい!

夜23:30頃、アパートのキッチンに水を汲みに行ったら、
ビシュヌーンが何やら揚げ物を揚げていました。
明日の為に作ってくれているみたい。
でも、揚げ物は揚げたての方が美味しいんじゃないの?

ちょこっと味見させてもらったけど、味無し。。
ビシュヌーン、これ大丈夫?
英語も通じない彼は笑いながら、揚げた物を新聞紙に包んでいました。

この不思議な味の無い食べ物が、次の日の朝、
ものすごく美味しいものになるなんて、このときはまだ分からなかったのです。。


次回へつづく。。



zazie ai のホームページはこちら→



11:46 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
COMMENT