zazie ai アクセサリー新作情報 * YOGAレッスン情報*ベビーマッサージレッスン情報 * ハンドメイド&子育て&日々のことなど。。
<< インド・ヨガ修行記 vol.14(スリンダー先生のハタヨガ) | main | インド・ヨガ修行記 vol.16(リシュケシュのマーケット) >>
インド・ヨガ修行記 vol.15(アシュラムの図書館)
インド11日目。リシュケシュ。(2009年9月15日)晴れ。

今日も、明け方早々と目が覚め、5:45起床。

6:45アパートを出発して、今朝もRAJDEEP HOTEL に
スリンダー先生のハタヨガを受けに行きます。

すっかり気に入ってしまったスリンダー先生のクラス。

7:30から、YOGAアーサナスタート。

昨日より、少し人数が少ないせいか、先生のアジャストの時間も減り、
2時間ほどで終了。
昨日と2時間半はやっぱりちょっと長かったからちょうどいい。




スリンダー先生の通学路の途中にある「チョワラ」のカレーレストラン。
結局、入らなかったけど、このチョンマゲキャラがすごく有名らしく、
ガイドブックにも唯一載っていたレストラン。

等身大の「チョワラ人形」の他に、男の人が、全身白塗りをして、
このコスチュームで椅子に座っているパフォーマンスをやっていたけど、
見た目が怖すぎてカメラを向けられませんでした。。苦笑

顔がいつも退屈そうで、笑顔じゃなくて、やらされてる感じが
面白かったけど。

夢に出そう。。



そういえば昨日、「占星術」を見てもらった結果を教えてもらったら、
特に大きな問題はないみたいだったけど、
「月が悪さをするから、これから6ヶ月〜1年の間は、
メンタル面に気をつける事。」って言われたのが気になるー!

占星術は、生まれた場所と時間でみてもらうインドの古い占いです。
普段、占いとか全然興味ない私だけど、インドまで来て、
こんな事言われると気にするなという方が難しい雰囲気。

私の場合、「パール」のネックレスか指輪を身につければ、
良くなるでしょうと言われ、
さっそくYOGAの後に、いつも通っているジュエリー屋さんに
パールのアクセサリーを買いに行く事に。

メディテーションなんかにも使えるように、
パールが108粒繋げられているネックレスのジョイント部分を
シルバーパーツに変えてもらって、さっそく購入しました。

すぐに、お店の目の前のガートに下りて、
ガンガーの水で清めて手首に巻きます。

これで安心かな!
とりあえず、1年間はつけるようにしよう。
メンタル面は、ここ数年で結構いろいろ苦労したから、
もう問題起きたくないもーん。



お買い物しちゃったから、間に合わないかと思ったけど、
ダッシュで帰って、デヴィさんのブランチに間滑り込みセーフ。
美味しくいただきます。

YOGAから戻ると、私のお部屋のドアノブに、
「帰りのフライトを2日間延長出来ました」というメッセージが
結んでありました。


やったー!!!!

良かったーー!!!!


これで2日間だけだけど、予定よりたくさんYOGAができる!

海外保険も無事に期間延長が出来たので、
これで安心して明日もスリンダー先生のYOGAクラスに通えます!

なんだか、安心したらドッと疲れました。。

帰国の事が気になって、夜もよく眠れなかったから。

今日はぐっすり眠れそう。

日本に、帰国日程延長の連絡をしたいんだけど、
携帯が相変わらず繋がらない状況で、仕方なく、
アパートのすぐ下の、Great Ganga Hotelに電話を借りに
行きました。

インドの公衆電話は面白くて、
「S・T・D」と書いてある小さな事務所みたいなのが、
街のあちこちにあります。

これがインドの公衆電話。

電話機があって、お金を入れて喋るとかじゃなくて、
「S・T・D」に行って、テーブルにある電話機で通話した後、
そこにいるおじさんが、
「◯◯ルピーだよ」値段を言ってくれるので、
おじさんにお金を支払うというシステム。

公衆電話は、おじさんの事務所に電話を借りに行くという感じでした。

これが結構面白くて、何だか病みつきに・笑


ホテルの公衆電話も、やっぱり電話係のおじさんの部屋に行って、
電話を借ります。

でも、何度かけても、変なアナウンスみたいなのが流れて、かからず。

「回線が混雑してるから、夕方またおいで。」と言われ、
とりあえず諦める事に。

普通回線も混雑するんだー。インドって不思議。




帰国が延長出来たので、行きたいと思って行っていなかった、
シヴァナンダ・アシュラムの図書館に行く事にしました。

白い綺麗な入り口。



中は、こんなに天井の高い空間。
入り口で靴を脱いで、本棚をぐるりとまわってみます。

YOGAに関する、世界中の本が置いてあります。

それだけ、シヴァナンダ・アシュラムに海外の人がYOGAを勉強に
来ているってことでしょう。

日本語の棚も発見!

何冊か読んでみよう。。
どれもすごく古くてボロボロ。





私のチョイスはこの3冊・笑


やっぱりインドに来てまで置いてあったら読みたくなるでしょう!空中浮揚!
ということで、
  ↓

「空中浮揚」 成瀬雅春・著


沖先生の本に興味あり&この表紙の女性のイラストが気になって・・・
  ↓

・「ヨガの喜び」沖正広・著


未来を考えたら、ヨガ安産も気になるし〜・・・ということではずせない。
  ↓

・「夫婦のヨガ安産」 沖正広・著


シヴァナンダ・アシュラムの図書館では、
本は持ち出し禁止で、一人3冊まで図書館内で読む事が可能でした。

面白かったのは、
本を借りる時に、係の女性に許可を得るんだけど、
借りる人の名前と、本のタイトルをノートに書くのに、
日本語の題を英訳して書くように言われたこと。

「空中浮揚」なんて、なんて言っていいかわからず、
えい!どうにでもなれ!と、「FLY YOGA」と書いた私。。。

そして、真ん中の「ヨガの喜び」は、表紙の上に書いてある
「KAPPA HOMES」で良いと言われ。
(これって、出版社の名前でしょうよ?)

「夫婦のヨガ安産」はやけくそで、「YOGA BABY」。。。



本当にこれでいいんだろうか。。。




でも係の女性は、表紙の成瀬さんがあぐらをかいて
飛び上がっている写真を見て、
笑いながら、うなずいてくれました・笑

なんだかいいかげんだけど、無事に借りられたからいいか。


1時間ほど3冊の本達を読み、
16:00の閉館とともに図書館の外に出て、
アシュラムの宿泊施設のあたりをぶらぶらお散歩。



ガンガーを見下ろせる素敵なスポットもあり。

ガンガーの水の色と空の色が合わさって、
なんだかすごくインドっぽい色みの風景がとっても綺麗。


気持ちもすっきり安心できたので、
のんびりしていて、とても気持ちのいい午後でした。



次回へ続く。。。



zazie ai のホームページはこちら→



22:21 / インド・ヨガ修行記2009 / comments(0) / -
COMMENT