zazie ai アクセサリー新作情報 * YOGAレッスン情報*ベビーマッサージレッスン情報 * ハンドメイド&子育て&日々のことなど。。
<< 侵入スズメバチ! | main | 10月「Yogini Tipi」東戸塚ママヨガスケジュール >>
宮古島旅行☆
逗子海岸の海水浴シーズンも終わってすぐの9月初頭、
家族でちょっと遅めの夏休み、
2泊3日宮古島へ行ってきました。

沖縄大好きの私も宮古島は初めて。
ちび姫は初めての沖縄です。

羽田空港から直行便で行ったので、
行きは朝早く、帰りは夜遅く。
3歳前だとお膝に抱っこだけど、国内便は無料です。

3日間フルに行動でき、
ちび姫にも妊婦の私にも無理なく無駄もなく、
ちょうど良かったと思います。


初日のランチは「古謝そば屋」。
ソーキそばのお肉はホロホロでこれは当たり!
美味しかったです。



海が本当にキレイな宮古島。

さっそく海に飛び込んでしまった父を心配し、
呼び続けるちび姫。
海辺に住んでいるのにちっとも海に慣れていない。。苦笑



北の見どころ、池間大橋。
海は素晴らしくキレイで感動!

台風が日本列島に近づいているとニュースになった初日、
宮古島は台風より南だったのでお天気は大丈夫でしたが、
結構な強風。

今回はお腹が小さめの妊娠7ヶ月。
この写真で見るとすごい向かい風で身体のラインがピッタリ出てるけど、
やっぱりまだそれほど目立ちませんね。



東洋一と謳われるビーチ「与那覇前浜」
このビーチ本当に素敵。

向こうの方は曇ってるけど、それでも海は真っ青!

かなりの風で白い砂がナミナミ〜。
ちび姫、今年入手のマイ・サングラスで砂をガード。



与那覇前浜でのサンセット。

厚い雲の下にキレイに見えました。
さすが絵になる!


初日ディナーは、「しゃぶ庵」。

アグー豚&宮子牛をしゃぶしゃぶで頂きました。
以前に沖縄本島旅行でハマり、
お取り寄せして自宅でも頂いているアグー豚。
やっぱり最高でした!



2日目、午前中はホテルのプールとプライベートビーチでお水遊び。

お気に入りのハンドル付き浮き輪でご満悦のちび姫。

実は逗子の海では波が恐くて全然海に入れず、
おまけに今年は骨折してしまった為に
ほぼ出番の無かったこの浮き輪ですが、
浅いお子ちゃまプールと宮子のキレイな海のお陰で、
海嫌いをかなり克服。
ハンドル浮き輪大活躍となりました。




レンタカーごとフェリーに乗って、伊良部島へ。



ランチ。
当日net検索で見つけたのに大当たりだった、
伊良部島の本格ピッツァ「BOTTA」。




お店の雰囲気、ロケーションも最高!
ピッツァも美味しい!

オススメです♪



これがお目立てでフェリーで渡ったつもりの下地島空港。

ジェット機パイロットの訓練を目的とした国内唯一の飛行場で、
迫力満点のタッチ&ゴーが間近で見られる予定だったんだけど、
残念ながらこの日はやっておらず。。

この青い海と飛行機のセットをぼんやり眺めながら、
感動したかったなぁ。
飛行機大好きの私には、本当に残念でした。。涙




夕方曇ってきちゃったけど、やっぱり海はキレイ。



歩き始めた時から、
何故かつま先立ちで歩く癖のあるちび姫は、
ビーチでもつま先立ちで歩きます。

だから、足跡が犬みたい。笑



この日のディナーはホテルの鉄板焼き専門店で宮子牛ヒレステーキ。
ちび姫は遊び疲れ、ベビーカーで完全に熟睡。

うちは何しろダンナさんが、
自分でイベントを企画しているほどお肉大好きなので、
旅行での注文はだいたいこうなります。

もちろん私が頼んでも食べるのはほとんどダンナさん。




夜空の星を期待してたけれど、2夜とも夜は雨&曇りで、
満天の星空は拝めず。

でも最終日の朝日は美しかったです。


3日目午前中は、ホテルの前の海にヤドカリをつかまえに。
昨日、アミと虫採集用の透明容器を購入したのでバッチリ!

初日初めてのヤドカリにおっかなびっくりだったちび姫は、
この日は捕まえたヤドカリ達を容器に入れてかわいがっていました。
でも最後まで素手では触れず。苦笑



イムギャーマリンガーデン。
引き潮で水が少なめだったので濃い青の海にはならなかったけど、
とっても綺麗。

ここでは、小さなお魚を捕まえました!



ランチ後の紅茶のパンケーキ!
美味しかった☆



帰る日だし面倒なので、
すっぽんぽんでお水遊びのちび姫。

この時本人が言うには、
お魚捕まえる用に買った虫取りアミでタケノコを掘っているそう。

よくわからないけど、裸でとっても楽しそう。



美しかった東平安名崎。

これで宮古島ともお別れ。




ちび姫とビーチで拾った貝殻たち。
いろんな色の新鮮なピッカピカに光る貝がたくさんありました。
やっぱり湘南とは違うな〜。

思い出と一緒に宝物に。





23:13 / 国内の旅 / comments(0) / -
COMMENT